シャドバ新弾環境「十天覚醒」ランクマで多いデッキと対策

Sponsored Links

明けましておめでとうございます、minato76です。

今回はシャドウバースの新弾「十天覚醒」で使われているローテーションの環境デッキの話などをしていきたいと思います。

昨年12月28日に正式リリースされた新弾、今回も当日からしばらくランクマに潜っていましたがドラゴン・ネクロ祭りでしたね。

現在ではドラゴンはともかくアグロネクロが対策され過ぎてグレモリーネクロが増えてきた印象があります、それでもアグロ軸はまだまだ当たるので速攻対策はしておいた方が良いでしょう。

今弾はグラブルコラボ第2弾という事で「十天衆」の面々を中心に多数のグラブルキャラのカードが追加されました。

ゲームのグラブルをやっていない人は知らないキャラが多かったのではないでしょうか、バザラガやガンダゴウザ・ルナールあたりはアニメにも登場していたので初見だらけという事はないかもしれませんが。

何にせよ今弾での新しい能力「奥義」「解放奥義」が追加されましたが奥義はともかく解放奥義の方は進化軸でないと使用は難しいでしょう。

プリコネコラボの「プリンセスナイト」のような効果カウントを減らせるカードがアディショナルで出て来そうですが、現状では奥義までを目安に採用検討する方向性が良いと思いますね。

今回は安定して環境上位にいる「乗り物ドラゴン」と対策されても人気が落ちない「アグロネクロ」の立ち回りや対策をメインに解説していきたいと思いますのでご参考になれば幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

環境デッキ解説:乗り物ドラゴン

乗り物ドラゴンは乗り物アミュレットで疾走フォロワーや今弾で追加された「天穿の銃槍騎・ラスティナ」などの強化をしつつダメージを稼ぎ、「烈覇のアルチザン・レジー」の強化疾走・「古今独歩の大拳豪・ガンダゴウザ」による高打点効果ダメージでフィニッシュを目指すデッキ。

序盤にPPブーストをする関係上やはりアグロネクロに弱いと最初は言われていましたが、序盤さえ乗り切ればほぼ負ける事はないので人気が二分されている印象でしたね。

安定アグロ対策である「フラッフィーエンジェル」に加えラスティナ・ギルヴァの守護・横並べを咎められるゲオルギウスの存在から、進化可能ターン以降は安定した動きが可能なデッキと言えるでしょう。

基本的には序盤PPブースト→中盤ラスティナ強化を狙いつつギルヴァ着地→終盤ガンダゴウザか疾走フォロワー+レジーといった流れになります。

初手のマリガンは相手がアグロネクロなどの速いデッキの場合、序盤はPPブーストより守護を立てる事を優先したいのでフラッフィー最優先・託宣があるならラスティナも候補に入るでしょうか。

序盤の動きでアグロではなくグレモリー軸だと判明した場合は動きを基本形に戻していくのが良いですね、グレモリー軸に対しても守護は有効なので乗り物強化を狙っていきましょう。

相手がロイヤル・ビショップなどの場合ダメージカットがあるのでガンダゴウザやバハムートでのフィニッシュは難しくなってしまうというのも覚えておきたい所ですね。

この2クラス相手なら疾走フォロワーでのフィニッシュを狙っていくプランが有効でしょう、9.10PPでのダークジェイル×2+レジーで10点・レジー進化込みなら15点の疾走ダメージが出る上に乗り物込みならさらに高打点になります。

もちろん守護がいる場合は除去との併用になるので「ドラゴニックレイジ」「未来への飛翔」・「始原の竜・バハムート」などの除去札はフィニッシュに向けて温存しておきましょう。

環境デッキ対策:乗り物ドラゴン

乗り物ドラゴンの対策としてはPPブーストのテンポロスを咎めて序盤から攻めていくか、リソースが切れるまで耐久するかの2パターンに分かれると思います。

使用しているデッキにもよりますが前者はフラッフィー連打やゼルガネイアなどで回復されると厳しい事からアグロネクロのような6PP前後にフィニッシュ出来るタイプでないと難しいでしょう。

乗り物ドラゴンはドローに乏しいので長期戦は不利となっています、こちらのフィニッシュを狙いつつ高火力打点に注意していれば手札が尽きる事もザラなので個人的には耐久の方がおすすめですね。

前述のようにロイヤルやビショップの場合はダメージカットがあるのでガンダゴウザやバハムートは何とかなりますが、レジー込みの疾走は守護が無いと防ぎようがないので守護が少ないデッキだと正直厳しいと思います。

ダークジェイル×2+レジー進化で15点・乗り物があればそれ以上の疾走ダメージを受けるので、リーダー体力を常に高く保てる清浄ビショップ・アクセラエルフあたりでないと文字通り轢き殺されるでしょう。

最近ではウィッチでも「楽隠居の元国王・フォリア」を採用しているキャルウィッチなら守護+回復があり、耐久してキャルを投げるだけのデッキが増えてきた印象がありますが個人的にはフォリアを出す前にガンダゴウザ圏内に入る可能性が高いのでおすすめは出来ません。

乗り物ドラゴンの強みはダメージカットor回復+守護が無いと先に削り切れるという耐久要求値が高い所にあると思いますので、耐久手段に乏しい遅いデッキは現在では厳しい環境となっていますね。

環境デッキ解説:アグロネクロ

現在のアグロネクロは優秀なバーン効果を持った3コストフォロワー「恨みの語り部」「スカルフィッシュ」などを中心にダメージを稼ぎ、進化込みで10点疾走になる「ネクロインパルス」を絡めたフィニッシュを目指すデッキ。

バーン効果を持った3コストフォロワーをリアニメイト出来る手段が多く、多少回復された程度では問題無いレベルのバーンダメージを稼げる上に乗り物での疾走強化もあるという攻撃的な構成となっています。

特に4コストで進化込み10点疾走のネクロインパルスは凶悪以外の何者でも無いですね、打点を上げるにはネクロマンス10が必要ですが順当に攻めていれば早い段階で達成出来ているでしょう。

このデッキの魅力は何よりも安い作成コストですね、必要レジェンドが「ゴールドラッシュゴースト」ぐらいしか無いのも使用している人が多い理由の一つだと思います。

このデッキを使用する際に注意したいのは何よりも「フラッフィーエンジェル」ですね、アグロネクロに対する安定対策カードとしてほぼ全環境デッキに採用している人が多いのではないでしょうか。

しかもフラッフィーは3コストなので「輪廻の強制」の対象になってしまう所が一番厄介なポイントでしょうね、フラッフィーを破壊していると輪廻の強制が使い辛くなるので除去やバーンダメージにブレーキがかかる事になってしまいます。

個人的には多少火力を落としてでも他のスペルカードかフォロワーと入れ替えるのをおすすめしたい所ですね。

例えば強力な盤面形成を狙える上に手札のゴブリンをミルティオの葬送にも利用出来る「ゴブリンクイーン」や、ミラー・後攻時に除去+回復+後続の強化が出来る「放浪する料理人」などは採用している人が多い印象があります。

もちろん低コストフォロワーを増やして速攻に寄せるのもアグロ的には全然アリなので、自分が苦手なクラスの対処札を採用したりと環境を見ながら随時調整をするのが安定でしょう。

環境デッキ対策:アグロネクロ

アグロネクロの対策としてはどこでも言われていますが「フラッフィーエンジェル」を採用するのが安定という結論になっていますね、もちろん守護や回復が少ないデッキだと流石にフラッフィーだけでは厳しいと思いますが。

このカードに限らず3コスト以下の守護は「輪廻の強制」を使い辛くさせる為にも採用しておくのが良いでしょう、対アグロは序盤に何も出来ないとそのままフィニッシュまで一直線なので最低限フラッフィー+低コスト守護か除去を採用したい所ですね。

アグロネクロ相手で気を付ける事ですが最序盤に出てくる「プリンゴースト・ミヤコ」・「ボーンフリーク」などは必ず無視せず処理しましょう、どちらも厄介な効果持ちですが多少の不利交換は許容してでも受けるダメージを減らす事に専念するのが安定です。

一番避けなければいけないのが「ネクロインパルス」の射程圏内に入る事なので序盤の低コストフォロワーは残してはいけません、守護と回復があれば強気に攻め返しても良いですがそうでない場合は相手のリソースが尽きるまで粘る立ち回りを意識しましょう。

進化可能ターン以降は「ゴールドラッシュゴースト」にも気を付けたいですね、このフォロワーはターン終了時にランダムな効果を最大4回まで発動する能力があるので防ぎようがない点では非常に厄介です。

各効果は1回発動すると同じ効果は出ないのでしっかり何が発動したかは把握しておくようにしましょう、次に発動する効果が絞り込まれていけばそれありきの動きが出来るので対処のしようも出て来ますからね。

例えば「よろめく不死者」はリーダーか守護持ちにしか攻撃出来ずラストワードでのランダム破壊があるので、高ステータス守護などは不死者を出す能力が終わってからプレイするといったように早く出すよりも良い場合があります。

不死者で守護を処理した後にダメージを稼がれる展開などは避けたい一例なので、守護を出すにしても不死者を処理した後か複数体出すようにして対処したい所ですね。

まとめ

今回はシャドバ新弾「十天覚醒」の環境デッキについて解説させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

今弾はグラブルコラボパックといった形でしたが速攻デッキが流行ったおかげで奥義持ちのカード達は出鼻を挫かれた感がありましたね。

グラブル主人公勢の中でメインヒロインであるルリアが出ていないという事はアディショナルでの登場になるのでしょうか、何にせよ奥義カウントを減らす効果持ちは早く実装してほしい所でしょう。

この記事が新弾環境のご参考になればと思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする