シャドバ:レヴィールの旋風アディショナル環境~環境デッキと対策

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースのレヴィールの旋風アディショナルカード追加で増えたローテーションのデッキなどの話をしていきたいと思います。

レヴィールの旋風環境後半は相変わらずネメシス・ロイヤルが多く、ロキサスエルフが確立してからはランクマでもエルフが増えて来た印象があります。

まだアディショナル環境序盤ですが今回の追加カードはあまり環境を大きく動かす事はありませんでしたね、現状環境デッキに入っているのは「鏖殺の大悪魔」と「ゲオルギウス」ぐらいでしょうか。

実装前のネット予想では「天香の剣士・ルヴァン」がロキサスエルフに入ると言われていましたがやはりカウントの長さがネックでしたね。

効果自体は序盤や弱ったフォロワー除去・スクナの打点強化・終盤の止めと相性の良いものになっていますが、メインであるロキサス始動展開の邪魔になるという点で採用しない方が多いのではないでしょうか。

ロキサスエルフを使った事のある人なら分かると思いますがこのデッキは事故率が高く手札に必要パーツを揃えてからのコンボになるので、正直ルヴァンを採用するメリットよりデメリットの方が大きいという結論に至ると思います。

せめてカウントがもう少し短ければ採用されていたかもしれませんね、ロキサスエルフではバウンスカードをナテラや疾走フォロワーに使用したいというのも噛み合わなかった点でしょうか。

今回はアディショナル追加で増えたというよりは現環境で増えて来たデッキタイプの解説・対策、その中でも実際にランクマなどでよく見かけるデッキを随時更新しながらご紹介していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アディショナル追加で増えたクラス

「ロキサスエルフ」

ロキサスエルフは「開拓のロデオガイ・ロキサス」の車両アミュレット展開・PP回復を駆使して、「優美な猫姉妹・シャム&シャマ」「小槌の勇士・スクナ」などの疾走フォロワーの打点を上げたりフォロワー強化での強力な盤面展開を狙うというデッキ。

コッコロやワンダーコック・エルフクイーンの存在もありドロー手段が多く、5PPでの最速ロキサス展開が出来れば除去が弱いデッキならそのまま押し切れてしまう程のパワーがある所も魅力ですね。

上記でも触れた通り残念ながらアディショナルの追加カードは採用し辛いデッキとなっていますが、他のクラスも似たようなものなので今後に期待したい所でしょう(次の環境ではナテラ関連がスタン落ちしますし)

このデッキは事故率が高いという話もしましたがとにかくロキサスを引けていなければほぼ何も出来ないレベルにデッキパワーが低くなっています。

「ギガントパスチャー」などは単体でも機能しますがそれ以外はほとんどドローやコンボ前提カードなので、基本はコンボパーツを集めてロキサス始動で爆発させるといった戦い方になるでしょう。

ロキサスのPP回復を活かす為にも「荒野の休息」で手札に加わる0コストナテラやプレイ回数を増やす「ナチュラル・マナ」、コンボの着地点であるシャム&シャマはなるべく手札に用意しておきたい所ですね。

流れとしては「ロキサス→アミュレットでPP回復しつつ車両アミュレット展開→強化したいフォロワーを着地」という感じです、理想は6枚以上プレイでのシャム&シャマですが難しいならば最低限4枚以上プレイで進化までは狙っていきましょう。

ロキサスエルフ:対策

ロキサスエルフの対策としては序盤の「荒野の休息」で手札に加えた0コストナテラの枚数把握、5PP時からのロキサス対策に高ステータスフォロワーを処理する手段を温存しておくという所が重要でしょうか。

最速ロキサスをされると除去手段に乏しいデッキはそのまま押し切られる可能性は高くなりますが、このデッキには耐性持ちがいないのでロイヤルの展開よりはマシだと思います。

注意点としては無傷で残りやすいエルフクイーンや車両強化を受けた高ステータスギガントパスチャーなどですね、これらのフォロワーを残したままターンを返してしまうというのも敗因に繋がるので気を付けておきましょう。

具体的にはダメージ効果より必殺持ち・確定除去を優先して確保しておく事をおすすめしたいですね。

ロキサスエルフは車両アミュレットとコンボパーツを使用する関係上、毎ターン強い盤面を作れるデッキではないのでしっかり返しつつ回復していれば安定して戦える相手だと思います。

ロキサスを連打されたとしても毎回理想の動きが出来る訳ではないですからね、使い慣れていない人だと盤面を埋めた後にバウンスが無かったのかそのままリタイアするという事が何度かありましたので。

これを見るとルヴァンの採用が難しいというのが分かりやすいのではないでしょうか、ロキサスエルフはマスターランクの人でもプレイングが難しいのが分かりますね。

「背徳バアルヴァンプ」

ネットではバーンヴァンプとも言われていますが背徳バアルヴァンプの方がコンセプトが分かりやすいのでこの表記で解説させて頂きますね。

背徳バアルヴァンプは「背徳の狂獣」の進化時効果で付与されるドローでのバーンダメージを与えつつ、各種ドローカードやバーンカードで削り切る事を目指すデッキ。

融合する事で大量ドローが行える「バアル」や今回のアディショナルで追加されたアクセラレートでのドローとコストダウンに加え、強力なステータスと効果を持った「鏖殺の大悪魔」など相性の良いカードが揃っているのが特徴です。

基本的には背徳の最速進化を最優先にしたいので初手のマリガンでは背徳はもちろんですが、背徳をサーチ出来る「ワンダーコック」なども優先して探しにいくのが安定でしょう。

このデッキは背徳の進化時効果を付与しないとパワーが出し切れない構成ですからね、確定サーチにしたいなら自然カードの調整も視野に入れる必要があると思います。

注意点としてバアルの融合条件は「元のコスト3以下のヴァンパイア・フォロワー」という所でしょうか、これがある事からこのデッキはあまりスペルカードを複数採用しない構成が多いですね。

最低限採用おすすめスペルとして「禍々しき侵食」「紅のワルツ」がありますが、これらのカードは引いた場合優先的に使う事を意識すると良いでしょう。

特に紅のワルツは温存しがちになるのでバアルの融合・ドローに影響が出てしまうケースが多いと思います、慣れない内は採用枚数を1~2枚調整するなどして自身の使用感や環境に合わせていくのがおすすめになりますね。

背徳バアルヴァンプ:対策

背徳バアルヴァンプの対策としては盤面を可能な限り無視してリーダーへの攻撃を優先するという所が重要でしょうか。

背徳の効果が付与された後はこちらから盤面を取っても更地にされる事が多いので、ダメージを確実に与えつつ盤面処理を相手に押し付けるのが安定だと思います。

このデッキはゼルガネイアを採用していない型ならメインの回復手段が「魅惑の教鞭・イオ」のドレインか「夜を統べる者・イリヤ」のユニオンバーストぐらいしか無いので、時間をかければバーン効果の事もありこちらがどんどん不利になっていくでしょう。

最悪なのはコストダウンで出て来た「鏖殺の大悪魔」の対処手段が無いという状況ですね、フォロワーでの連続攻撃で対処出来ない上に11/11という高ステータスなので必殺か確定除去が無いとそのままフィニッシュされてしまいます。

鏖殺の大悪魔はアクセラレートした回数の二倍コストが下がるという効果なので、バトル中はアクセラレート回数を把握しておく事も重要ですね。

相性が良いデッキとして進化ロイヤルや清浄ビショップを使用している場合は有利に戦えますが、それ以外のデッキだと上記のリーダー優先攻撃をするのが安定だと思います。

ネレイアを採用していない特化型構成の場合は鏖殺の大悪魔以外ステータスが低いフォロワーばかりというのも理由の一つですね、上手くバーンがフォロワーに飛ばないとこちらのフォロワーを処理出来ないという状況も多々あるので受身にならないのが重要でしょう。

その他アディショナルカード雑感

「スカイキャプテン・ヴァルフリート」

4コスト4/4の標準ステータスに加え無条件でのEP消費無し進化、進化時にこのカード以外のデッキに兵士フォロワーしかいないならそれら全てを+2/+2するという面白いカードですね。

進化時効果を活かすには専用構築が必要になりますがこの兵士強化効果は重複するという所がポイントでしょう、3枚全て進化出来ればデッキのフォロワーが全て高ステータスになるという栄華のプリンスさんが涙目になる効果です。

現環境で進化ロイヤルが組めないという方はこちらを試してみてはいかがでしょうか。

「イシス」

アクセラレート3でリアニメイト3、自分の残りEPが相手より多いならリアニメイト5。

6コスト4/4の守護持ちに加えファンファーレで他のフォロワー全てを-1/-4、進化時に自分の他のフォロワー全てを+1/+4するというフォロワー。

このカードも十全に効果を発揮するなら専用構築が必要なカードでしょう、アクセラレート効果だけで見るなら色々なデッキに採用出来ると思います。

現環境のローテーションでは直接召喚もあるお手軽全体強化の「天覇風神・フェイラン」がいるのでそっちで良いとなってしまうのが悲しい所でしょうか、コストが下がるか今後の相性が良いカードの追加に期待したいですね。

「殲滅のアルミラージ」

ビショップ版「マシンランスエルフ」という感じですね、まぁ他にフォロワーがいればそちらに効果が飛ぶのでコストや強化効果を抜きにすると劣化に見えてしまいますが。

自分の場にアミュレットが2枚以上あるなら攻撃力強化・ダメージ耐性を得るので現環境デッキで使用するなら清浄ビショップになると思います。

しかし「清浄の領域」は後攻でないと2枚置きするのがテンポロス的に難しいので安定はし辛いでしょうね。

先攻でも盤面に余裕があれば置けない事も無いですが、設置が終盤になってしまうとステータスの高いフォロワーしか出て来ないクラス相手などでは尚更活躍させるのが難しいと思います。

次弾でコストの低い永続アミュレットが登場するのに期待しましょう。

まとめ

今回はレヴィールの旋風のアディショナルカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

今回のアディショナルは全体的に環境デッキに入るカードは少なかったですね、「ゲオルギウス」は良カードだと思いますがランクマでドラゴンはあまり見ない事も印象が薄い要因かもしれません。

現状ヴァンパイアが少し増えた感じがしますがネメシスかロイヤルと当たる事がほとんどなのもあると思います、やはり総合力が高い安定したデッキはグラマスの人にも人気がありますからね。

引き続きアディショナル環境のランクマに潜って随時更新していきたいと思います、この記事が少しでもデッキ構築のご参考になれば幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする