シャドバ新弾環境「レヴィールの旋風」ランクマで多いデッキと対策

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースの新弾「レヴィールの旋風」で使用されているローテーションの環境デッキの話などをしていきたいと思います。

9月29日に正式リリースされた新弾、今回も当日からしばらくランクマに潜っていましたが全クラス満遍なく新デッキを試している感じでかなり楽しかったですね。

現在はプレローテーションでも使用率が高かったロイヤル・ビショップ・ネメシスが多く次点でドラゴン・ヴァンパイア・ネクロ、エルフとウィッチは少なくなってきた印象があります。

やはり順調に強化されている「進化ロイヤル」「アーティファクトネメシス」は前弾から使用している人が多いですし、今回で優秀な守護カードが多数追加された「守護ビショップ」が上がってくるのは妥当という所でしょうか。

ドロソである黄金の鐘がスタン落ちしたのでビショップデッキは手札が足りなくなるかと思いましたが、「ホーリーエンチャンター」の追加で守護軸に関しては手札不足の問題が無くなったのも大きいですね。

ネメシスに関しては今の所アーティファクトが多いですが、今弾で追加された「カプセルホムンクルス」とレジェンドスペルの「ラグナアウェイク」を使ったワンキルデッキも一定数見かけるので今回はそちらの紹介をしたいと思います。

アーティファクトが守護ビショップに対して不利なのでもしかするとこちらのデッキが増えてくる可能性がありますからね、20ダメージを出すコンボではないので「招来の大天使」の最大体力増加でも防ぐ事は出来ません。

ビショップにはダメージカットが出来るユカリの存在があるので防ぐ事は可能ですが、守護軸は耐久デッキなので粘られるとコンボを決められる恐れがありますからね。

今回は使用率の上がった「守護ビショップ」と前述のワンキルコンボがある「コントロールネメシス」の立ち回りや対策をメインに解説していきたいと思いますのでご参考になれば幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

環境デッキ解説:守護ビショップ

現在の守護ビショップは「グランドナイト・ウィルバート」「光輝の顕現・ラー」の効果ダメージをメインに豊富な守護フォロワーで耐久するデッキとなりました。

基本は耐久デッキですが「闇穿つ煌き・サリッサ」や今弾で追加された「双砲の神罰・アンヴェルト」の早期召喚による攻めの動きも可能という戦略の幅が広くなったバランスの良いデッキですね。

攻めか耐久かは初手の引きや相手によって変わると思いますが、どちらにしても早めに結晶でプレイしたいアンヴェルトとメインドローソースである「ホーリーエンチャンター」はマリガンで探しにいくのが安定でしょう。

特に序盤の動きが鈍いアーティファクトや進化ロイヤルに対して先攻の場合、1ターン目アンヴェルト→2ターン目聖石の使徒×2→3ターン目サリッサをすると返される事はまず無いですね。

除去や回復が豊富な他デッキには通用し辛いですが現在の環境上位デッキは回復手段が限られているので、序盤に攻めていればウィルバートだけでもかなりの有利を作る事が出来ます。

後攻の場合はPPブーストが可能な「ラミエル」やPPを回復出来る「洞窟の聖堂」を探しにいきたいですね、4ターン目聖堂からのラミエル進化が出来ればラーやウィルバートを着地させやすくなるでしょう。

守護フォロワーではありませんが個人的にドロー+回復+除去が出来る「伝道の司祭・ロレーナ」を私は採用しています。

進化可能ターン以降はネメシスならジャスパー、ロイヤルならエミリアなど横展開をしてくる事が多いので対応出来る手段は用意しておくべきでしょう。

守護軸はホーリーエンチャンターを引けないと確実に手札が足りなくなってしまうので、そういった理由でもロレーナは採用をおすすめしたいフォロワーになっていますね。

環境デッキ対策:守護ビショップ

守護ビショップの対策としては1.2コストの除去スペルか除去能力を持った低コストフォロワーを最低限採用して序盤を乗り切る事が重要でしょう。

守護軸は耐久デッキですが前述のようなサリッサを処理出来ない盤面を序盤に作られるとそのまま高打点で殴られるケースが多いです。

サリッサはダメージスペル・効果1回では処理出来ないというのが厄介な所でしょう、強化を避ける為に守護を放置すれば「セイクリッドカウンター」が飛んでくるのでどちらにしても序盤に削られるのは避けにくいですが。

理想は破壊・消滅スペルを使った対処ですね、しかし使えるクラスが限られているのでそれ以外だと回復手段を用意しておくのが無難でしょう。

どちらにしても回復手段が無いと中盤以降のラーやウィルバートが厳しくなるので採用はしておいた方が良いと思います、現環境はコントロール寄りなので自身の使用デッキの強みを失わない程度にというのが難しい所ですが。

サリッサと似たような展開で出て来る「神聖なる先導者」も注意対象ですね、守護フォロワーではありませんがバトル中に破壊された守護の数だけステータスが上がるので後半だと10/10以上というのも珍しくありません。

守護裏に出されると必殺などで処理が出来ない上に倒せないとそのままフィニッシュされる可能性が高いです、単体除去カードはなるべくこのフォロワーに温存しておくのが良いですね。

守護側からするとラーはともかくウィルバートは最速で出したいフォロワーなので6PP時に出し辛い盤面を作っておくのも重要ですね、しかしアンヴェルト召喚をラーやウィルバートに合わせられるのが一番返し辛い展開なので高ステータス2面除去手段は用意しておきましょう。

環境デッキ解説:コントロールネメシス

現在のコントロールネメシスは今弾で追加された「カプセルホムンクルス」「ディメンションドミネーター」のPP回復効果を付与し、「ラグナアウェイク」のエンハンス効果で手札に加える「破壊を齎す者・ヴィズヤ」の能力と合わせてフィニッシュを目指すデッキ。

エンハンスラグナアウェイク→カプセルホムンクルス→ヴィズヤの順でプレイする事により、相手リーダーの体力を2にした状態で2ダメージを与えるという流れになっています。

このコンボをするにはドミネーターのファンファーレ能力をカプセルホムンクルスに付与する必要があるので準備は大変ですね、ドミネーターに進化を切れていれば最速9PPでフィニッシュする事が可能なので見返りは大きいですが。

ドミネーターに進化を切れていない場合はフィニッシュが10PP時になってしまいます、その場合は進化ゼルガネイアの効果でもフィニッシュは可能なのでラグナアウェイクだけは手札に握っておくようにしましょう。

ネメシスには「カイザーインサイト」があるのでキーカードを引けないという事はほぼありませんが、使い過ぎるとフィニッシュ前にデッキが無くなる恐れがあるので気を付けておきたいですね。

地味にやらかしがちな事ですがカイザーインサイト使用時にカプセルホムンクルスが手札に2枚ある場合、ドミネーターの効果を付与した方を消滅させないように注意しましょう。

コントロールネメシスは守護ビショップとは違った耐久デッキと言えます、守りを固めるのではなく相手の展開に対処するタイプの耐久デッキなので環境によって投入する除去カードなどが変化するデッキだと言えるでしょう。

基本は汎用性がある操り人形系やローテーションでは制限を受けていない「ブーストキッカー」、厄介な効果を消去出来る「浄化の輝き・ミュニエ」などは長く採用される可能性が高いので生成はしておいて損は無いと思いますね。

環境デッキ対策:コントロールネメシス

コントロールネメシスの対策としては上記でも触れましたが相手の盤面に対処するタイプの耐久デッキなので対処し辛い盤面を作るというのがベターですね。

盤面作りで横展開をするなら「ブーストキッカー」で全破壊出来ない体力に調整する事が重要でしょう、出て来るとしても中盤以降なので序盤からフォロワーを並べていくのも有効です。

注意しなければいけない点として高ステータスフォロワーを単体で出さないという事がありますね、ネメシスには「パペットボックス」があるので処理された挙句に操り人形を補充される事態は避けましょう。

特に高ステータスを立てるデッキが多いドラゴンは相性が悪いクラスの一つですね、現環境では庭園込みのディスカ軸が多いのでアミュレットを消してくるネメシスはかなり厳しい相手になります。

ドラゴンを使用している場合は庭園設置よりもPPブーストを急ぎ、処理され辛い新ルシフェルなどの召喚を急ぐのが効果的でしょう。

対処手段としてダメージカットがあれば一番ですが現環境ではロイヤル・ビショップ以外は無理なく投入出来るカードが限られるのが難しい所でしょうか。

対処カードを採用しないならばフィニッシュターンまでに相手フォロワーを無視して削り切るという事に全力を出しましょう、コントロールネメシスはワンキルデッキの中でも遅い方なので盤面に付き合わなければ有利に勝負する事が可能です。

ともかく戦う場合は「ブーストキッカー」と「パペットボックス」の事を意識しながら出すカードを選んでいくのが重要なポイントになりますね。

まとめ

今回はシャドバ新弾「レヴィールの旋風」の環境デッキについて解説させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

レヴィール編のストーリーキャラは全員強力な効果持ちカードとして登場しましたが、特にナハト・ナハトは環境に適した強カードですね。

進化ロイヤルは必要レジェンドが8種類とかなりの高級デッキになってしまいましたがそれに見合う強さになりました、これで猛虎のアクセラレートが現役なら環境トップもおかしくないレベルだったでしょう。

個人的にはレヴィール編にアリサが登場しているのでアディショナルか次弾でエルフの強化が来ればいいなと思っていますね。

この記事が新弾環境のご参考になればと思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする