シャドバ:運命の神々アディショナル環境~環境デッキと対策

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースの運命の神々アディショナルカード追加で増えたローテーションのデッキなどの話をしていきたいと思います。

運命の神々環境後半はネクロとウィッチを筆頭にドラゴン・ネメシス・ビショップ・ロイヤルと当たる事が多かったですね、ヴァンパイアとエルフもたまに当たりましたが他のクラスに比べると少なくなった印象があります。

ヴァンパイアはコントロールだとネレイア・ダメージスペルにだけ気を付けていれば決め手に欠けている感がありますし、エルフに関しては異形運ゲーなので開幕即リタイアされる事も多かったですからね。

しかもアディショナル環境への移行に伴う調整で異形のフォロワー破壊効果から守護が除外されるというナーフをくらったので異形エルフは見なくなるでしょう、前環境では一番ヘイトが高かったカードなので使用していた人以外は嬉しい調整だとは思いますが。

ネクロも今回のアディショナルで他クラスに全体除去が増え、幽暗のナーフでフォロワー破壊効果が無くなった事もあり使用率は落ちるかもしれません。

しかしリアニメイトネクロの強みはミルティオ・征伐・フェイランなどによる高ステータス盤面の維持なので5/5守護である幽暗はまだ現役で使用されるでしょう、結晶効果と葬送によるカウント縮小は変わらずですし回復しつつ葬送回数を稼げるというだけでも充分優秀なフォロワーと言えますからね。

今回はアディショナル追加で増えたデッキタイプの解説・対策、その中でも実際にランクマなどでよく見かけるデッキを随時更新しながらご紹介していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アディショナル追加で増えたクラス

「アーティファクトネメシス」

現在のアーティファクトネメシスは「破壊されたアーティファクトの名前の種類」を稼ぎ、「アブソリュート・モデスト」や「ヴァーテクスコロニー」のバーンダメージを上げてフィニッシュを狙うというデッキになっています。

汎用性が高くコストダウンが可能な「パラダイムシフト」に加えアーティファクトによる安定した除去や守護が優秀なデッキだと言えますね、シナジーカードが他のクラスデッキに比べて多いというのも組みやすく魅力的でしょう。

そして今回のアディショナルで追加された「遺物の番人・ルチル」と「界門のホムンクルス・ラズリ」がどちらもアーティファクトと相性の良い能力を持っているのも追い風ですね、しかもアーティファクトに欲しかった「EP消費無し進化・全体除去・フィニッシュ補助」という文句無しの追加カードとなっています。

ルチルはアーティファクトが場に出るとEP消費無しで進化出来る上に進化時に5コストである「レディアント・アーティファクト」を出せるのでコストを考えるとネレイアと同じく破格の能力だと言えるでしょう。

EPを節約する為にもコストを下げた「パラダイムシフト」や「デバイスチューナー」で増やした1コストアーティファクトを手札に温存しておくのが理想ですね。

しかしファンファーレでデッキに加えられる「神秘の遺物・スピネ&ルチル」はサーチ手段がレディアントの自分ターン破壊ぐらいしか無いのでルチルはなるべく早い段階で出したい事もあり温存し過ぎるのはおすすめ出来ません、長引くと盤面が強くなる相手なら尚更早く出しておいた方が良いでしょう。

忘れがちですがスピネ&ルチルはアーティファクト扱いなので「デバイスチューナー」で増やす事も出来ます、ネクロ相手なら毎ターン強い盤面を作られるのでモデストのダメージをリーダーに飛ばすのが難しいというのは覚えておきたい所ですね。

ラズリは2コスト2/2守護という優秀なステータスに加え進化時に自分リーダーかフォロワー1体に「次に受けるダメージは0になる」を付与出来る能力持ちのフォロワー。

このカード最大の利点はエンハンス9による「コスト最大のネメシスフォロワーをランダムにデッキから場に出し、チョイスと対象選択を含まないファンファーレ能力を働かせられる」という所でしょう。

アーティファクト軸ならば確定でヴァーテクスコロニーを飛ばせるのでかなりフィニッシュが安定するデッキになったのではないでしょうか、やはり確定サーチ手段があるのとないのとでは安定性に大きく差が出てしまいますからね。

ラズリは2コストですが序盤はアーティファクトの破壊を稼ぎたいので初手のマリガンでは返した方が良いでしょう、進化はなるべくモデスト・ルチル・アイアンスティンガーなどに切りたいので手札に来ても温存しておくのがおすすめです。

アーティファクトネメシス:対策

アーティファクトネメシスの対策としては常に破壊されたアーティファクトの名前の種類を確認してモデストの効果で受けるダメージを把握し、パラダイムシフトが相手の手札に加わった後はアーティファクトをこちらから破壊し過ぎないようにするのが基本になります。

ネメシス側からすると各種能力の強化の為に盤面除去を兼ねてフォロワーに攻撃したい事が多いですし、回復手段がパラダイムシフトから出せる「エッジアーティファクト」か採用している場合は「ゼルガネイア」ぐらいしか無いのでリーダーの体力を大きく削られるのが一番辛い状況だと言えるでしょう。

しかしパラダイムシフトがある状態でも攻撃力の高いエンシェントアーティファクトやゴーレムなどは処理した方が安全なので意識しておきたいですね、攻撃力が高いフォロワーを放置してルチルに進化を切られ大ダメージを受けてしまうというのが一番避けたい状況です。

アーティファクトは後半になる程強くなるデッキタイプですがルチルの追加で打点を稼ぐ動きも出来るようになりました、ルチルは6PP時に1コストアーティファクトと合わせるのが理想ですが攻め時なら5PP素出しで進化を切っても見返りが大きいですからね。

アーティファクトは序盤の動きが弱いというのが弱点と言えます、自分の使用デッキが何であれ(ウィッチ・ドラゴンを除く)序盤からフォロワーを横並べして相手にフォロワーの処理を押し付け出来るだけリーダーにダメージを与えていきましょう。

ドラゴンを使用している場合は序盤に出て来る低ステータスフォロワーを無視してPPブーストを進めるのが無難ですね、現環境ならばプレシオサウルスやホエールを最速で出す動きを徹底すれば良いですがメタカードである「浄化の輝き・ミュニエ」にだけは気を付けましょう。

ウィッチを使用している場合は序盤に出て来る「機構の技師」「アナライズアーティファクト」をなるべくこちらから破壊しないようにフィニッシュの準備を進めたい所です、スペブ軸なら最速クオン・秘術軸ならダメージカットを意識しつつキャルとリンクルで削り切る動きを目指しましょう。

「式神ウィッチ」

帰って来た陰陽の開祖さん。

現在の式神ウィッチは初期の頃と違いクオン+疾走ではなく、今回のアディショナルで追加された「決意の預言者・ルーニィ」のバーンダメージと共にフィニッシュを狙うデッキとなりました。

新ルーニィはスペブ回数次第で「1ドロー・相手フォロワーランダム3ダメージ・相手リーダー3ダメージ・自分リーダー3回復・新ルーニィを3枚手札に加える」という効果に加え2コストという軽さが驚愕のカード。

特に式神ウィッチが欲しかった回復とバーンダメージを両立している点が優秀でしょう、現にこのカード1枚の存在で全く見なかったローテ式神が環境上位に上がって来るぐらいですからね。

式神ウィッチの構築で大きく変わった所は新ルーニィ自壊用である「両雄激突」の採用と手札を減らす為の使い切りスペルが増えたという点です。

新ルーニィ本体のステータスは低く効果を使った後はクオン展開の妨げとなってしまうので「両雄激突」で盤面を空ける訳ですね、手札に加わる新ルーニィの為にも手札枚数を調整する必要が出て来るのが新しいプレイングのポイントでしょう。

2コスユニバ無し無限供給イリヤと言われているだけあってスペブが順調ならばヴァンパイア以上の回復・バーンダメージを出せるという、今回のアディショナルの中でも破格の能力を持ったカードですね。

一応序盤のスペブ+ドローソースとしても使えるので初手のマリガンではメインドローソースと共にクオンか新ルーニィのどちらかを探しにいくのが良いでしょう、今のウィッチは出し惜しみをしなくても充分戦えるデッキとなっているのも強い所です。

式神ウィッチ:対策

式神ウィッチの対策としてはクオン→新ルーニィ→クオンor新ルーニィ連打の状態に陥らない事が重要ですね、特にクオンは取り巻きの天后・暴鬼・形代で5回のスペルブーストが確定しているという点は覚えておきましょう。

新ルーニィは7回以上のスペブから回復+バーンダメージが発生するのでクオン盤面を返したとしてもすぐにひっくり返されてしまいます、その上もう一度クオンを出されると絶望なので暴鬼・形代はなるべくこちらから破壊しないようにしたい所ですね。

ネメシスを使用している場合は「浄化の輝き・ミュニエ」で式神のスペブを防げますが、他のクラスだとワンパンレベルのフィニッシュ手段が無いと正直このループはかなりキツイです。

せめて回復効果が無ければ強気に攻めるという手段も取れますがこちらの体力も高く保っておかないと先に削り切られてしまいますからね、ウィッチには除去手段も豊富なのでネクロやロイヤルなどは不利な戦いを強いられてしまうでしょう。

特にロイヤルは10ターン目ゼルガネイア+猛虎をする前に決着となる事が多いので出来れば序盤から攻めるパターンでいきたいですね、最速クオンルーニィをされた場合は全力で防御に徹して10ターン目まで粘るのもアリだと思います。

ビショップに関しては「聖なる守り手・ユカリ」「《力》・ソフィーナ」がいるので効果ダメージが強い環境上位のネメシス・ウィッチ両方に対処出来るのが強みですね。

しかしウィッチには「炎の握撃」があるのでエイラ軸だと相性で言えば不利になります、ソフィーナが活きる「西風神ビショップ」ならばクオンとは相性が良いので現環境ではこちらのデッキがおすすめになるでしょう。

ともかく式神相手の場合は序盤にリーダー体力差をつけてクオンが出て来てからの戦いを少しでも有利にしておくのが大事です、いかに新ルーニィで回復出来ると言っても連打されなければそこまで酷い状況にはならないですからね。

その他アディショナルカード雑感

「永久なる輝き・エリン」

3コスト1/5という耐久型のステータスに加えアクセラレートするだけで自分リーダー2回復とEP1回復はかなり優秀な効果ですね。

進化時にアクセラレート持ちをサーチ出来るのでアクセラレート出来るPPがあれば実質EP消費無しで進化出来るフォロワーと言えるのではないでしょうか。

現環境ではコントロールエルフや進化エルフに採用出来ますね、現状のエルフはウィッチには弱いですがネメシスには相性が良いので選択肢としてはアリだと思います。

「戦争商人・アルヤスカ」

4コスト4/4で能力によってダメージを受けず兵士フォロワーが出た時EP消費無しで進化出来、進化時に「ターミナルウェポン」1枚を手札に加え進化回数分のコストダウンを行うというパワーの高いカードですね。

進化時6/6で能力ダメージを受けないというのはかなり厄介なフォロワーと言えるでしょう。

なるべく兵士と合わせるか後半に出したいカードですが最速で進化すれば倒せるフォロワーが限られる上に無傷の場合、ネメシス相手だとモデストの進化を遅らせる事が出来るので後攻での選択肢としてはアリだと思います。

ウィッチ相手だと特にダメージスペルが使えず無傷の場合はキョウカで倒せないので鬼呼びのコストダウンが出来ていないと倒せる手段が無いという事になりますね、まぁエミリアと違って無傷でターンを返すという事にはあまりならないのでメタと言えるかは微妙な所ですが。

「エターナルホエール」

5/7守護持ちで場に出た時に相手リーダーに2ダメージ、場を離れる時にコスト1の同名カード4枚をデッキに加えるという6コストフォロワー。

アディショナル環境初期に作られた「ホエールドラゴン」には驚きましたね。

「虐殺のドラゴニュート」でデッキを圧縮し「ドラゴニックコール」などでホエールを集め、1コストホエールを連打するという初見殺しデッキが誕生してしまいました。

あまりのホエールのインパクトにドラゴンクラスのレジェンド追加枠である「絶対零度・フィルレイン」が空気になるという何とも言えないスタートとなりましたね、新フィルレインは普通に強い能力持ちなのですが現環境にあまり刺さらなかったというのも不憫な所でしょうか。

現在でもホエールドラゴンはたまに見かけますが現環境上位であるネメシスにはミュニエでメタられる、ウィッチにはクオン・新ルーニィに対処出来ないと相性が悪過ぎますね。

ディスカードドラゴンにホエールを投入している方をよく見ますが個人的にホエールは特化デッキでないと中途半端になるのであまりおすすめは出来ません。

ディスカード軸にサブプランとして採用するならゼウススクラムのワンパンコンボの方が期待値は高いと思います、ホエールでは新ルーニィの回復に追いつけないというのが大きいですしウィッチはスペブ軸だとゼウスを防ぐ手段が無い事に加えて倒したくない守護である天后を無視出来ますからね。

まとめ

今回は運命の神々のアディショナルカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

現在のランクマは体感ですが圧倒的にネメシス・ウィッチが多く次点でロイヤル・ドラゴンという感じでしょうか。

やはり新ルーニィとルチルが凶悪ですね。

特に新ルーニィは1枚で複数の役割をこなせる上にコストが低くスペブが容易な事もありナーフをくらってもおかしくない性能だと思います。

まだアディショナル環境は始まったばかりなので引き続きランクマに潜って随時更新していきますね、この記事が少しでもデッキ構築のご参考になれば幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする