シャドバ:ナテラ崩壊アディショナル環境~環境デッキと対策

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースのナテラ崩壊アディショナルカード追加で増えたローテーションのデッキなどの話をしていきたいと思います。

ナテラ崩壊環境後半はかなり使用されているデッキタイプが多彩なものになって来ましたね、やはり初期の機械エルフ一強状態を重く見た最速ナーフは英断だったのではないでしょうか。

アディショナル追加前のランクマでは機械ヴァンプ・アーティファクトネメシスと当たる事が多かったですが他のクラスとも満遍なく当たっている感じがありました、ネクロはあまり見ないですが現環境ではフィニッシュが遅いので仕方が無いかもしれませんね。

ですがエンネア・ギガントスカルの上方修正がアディショナルの追加と共に決定されたので機械ネクロが増える可能性が出てきました、特にエンネアが4コストになったのはかなりの強化ですしハデスネクロなどにも入る性能でしょう。

ロイヤルもヨハン・マシンブレードの上方修正が入ったので機械ロイヤルも増えるかもしれません、特にヨハンはコストが下がるフォロワーなのにステータスを上げられるという強化を受けたので機械刃などと合わせてさらに盤面を強くしやすいデッキになりました。

現環境は高ステータスを並べやすい環境なので強除去カードである「機械神」を使える機械軸は盤面を返しやすいと言った強みがあります、特に機械ビショップは機械鞭で強化した盤面を返されると手札が無くて詰む事が多いですしね。

今回はアディショナル追加に加えて既存カードの上方修正という事があり機械を中心に色々なデッキが増えると思います、その中でも実際にランクマなどでよく見かけるデッキを随時更新しながらご紹介していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アディショナル追加で増えたクラス

「バーン・自然ヴァンプ」

バーン軸は優秀なダメージ源を多く採用した火力特化・自然軸は渇望・狂乱状態を駆使し、ダメージ・回復・盤面の強さを備えたコントロール寄りなデッキですね。

アディショナル追加前は機械ヴァンプの方が使用率が高かったですがやはり「背徳の狂獣」の登場でこちらの使用率が上がった印象があります。

進化時能力で早い段階からカードを引いた枚数分だけリーダーかフォロワーにダメージを飛ばせるのに加え、標準ステータスを持ち「ワンダーコック」で能力の補助・サーチが可能となっているカードですね。

バーン・自然どちらのデッキにも入る今回のアディショナルの中でも特に優秀なカードと言えるでしょう、というよりアディショナル後の環境はヴァンパイアが圧倒的に多いのでまずはそれらの解説や対策をご紹介していきたいと思います。

「バーンヴァンプ」

バーン軸の対策としては回復・盤面の優位を取る事が主となってきますね。

バーン軸にはイオ・ネレイアぐらいしか横展開に対処出来るカードが無く、背徳の狂獣の能力を付与していたとしてもランダムダメージ+1ターンにドローカードを使っても3~4ダメージしか飛んで来ません。

進化可能ターンからはイオ・6PP以降からはネレイアを警戒しつつダメージを取っていきましょう、盤面に圧をかければリーダーにダメージを与えるスペルが使用し辛くなるのでイオはともかくネレイアを処理出来る手段は確保しておきたい所です。

バーン軸のテンプレデッキには今の所「ブラッド・コア」が入っていないので機械・自然軸よりは戦いやすいデッキだと個人的には思います、「鋭利な一裂き」と「紅のワルツ」の使用枚数を把握しておくのも大事なポイントと言えますね。

10ターン目以降は「インサニティ・マナ」もバーンカードになります、回復手段が豊富なデッキ相手だと温存されている可能性が高いのでこちらも注意しておきましょう。

「自然ヴァンプ」

自然軸の対策としては各種回復カード・「アザゼル」が揃う前に削り切れる手段を準備しておく事になるでしょう。

自分の使用しているデッキにもよりますが自然軸は長引く程有利になってくるデッキタイプなので盤面に付き合い過ぎてはいけません。

特にダークジェイルを採用しない今の自然ドラゴンや高打点で攻める機械ビショップはアザゼルでフィニッシュし辛くなりますし、機械ヴァンプも豊富な回復や背徳の狂獣でプロダクトマシーンを除去されやすいのもあり厳しいですね。

アーティファクトネメシスに関しては「アーティファクトリメイカー」や「パラダイムシフト」の存在から毎ターンの継戦能力が高い事もあり、相手を受けの状態に出来るので唯一有利と言えるでしょうか。

自然ヴァンプは高打点で決めるタイプなら「アザゼル」でのダメージカット・それ以外なら豊富な回復カードで遅延されてしまう上に「背徳の狂獣」の効果でじわじわ削られる上に鋼鉄と大地採用型だと大ダメージを受けるというとても厄介なデッキになりました。

同じくアディショナルで追加された「ルインウェブスパイダー」もフォロワーロックによりデッキによっては対処出来ないカードとなっています。

出て来るのは結晶効果を使ってナテラやナイトレイドを出してもかなり遅いのであまり気にしなくても大丈夫ですが、対処カードが入っていない場合は早い段階で無理矢理にでも有利を押し付ける立ち回りを意識するようにしましょう。

出てきた場合攻撃出来ないのは最初にプレイしたフォロワー1体だけなので小型を先に出してから対処フォロワーをプレイするのを意識しましょう、手札からプレイして出すフォロワー以外は効果の対象にならないので召喚効果スペルやアミュレットがあれば心強いですね。

「機械ネクロ」

機械ネクロの対策としては最速4PPで出て来るエンネアとマンマル1号・「つかの間の幸福」で出て来るギガントスカル・デッドメタルスター・マシンエンジェルなどの高ステータス勢に対処出来る手段を温存しておく事ですね。

特にエンネアを処理出来ないと「つかの間の幸福」を量産されて後半の盤面がかなり厳しくなってしまいます、リーダーを狙おうにもダメージカットされているので高打点では削り切れない場面が多いでしょう。

構築によってはメカニカルゾンビといった必殺持ちも採用されている事があるので守護を立てるというのもおすすめは出来ません。

ですが「つかの間の幸福」でフォロワーを展開するのは9コストも使うので強い動き+αが無いと言えばまだマシな方ですね、出て来るフォロワーが分かっているのならば9ターン目までに対処手段を準備しておく事は可能でしょう。

全処理が難しい場合は全体除去持ちの「ギガントスカル」を優先して除去しておくのが重要です、逆にラストワードでリアニメイト8が発動する「デッドメタルスター」は蘇生先がいる場合は安易に破壊しないように気を付けたい所ですね。

その他アディショナルカード雑感

「森を彩る者・エルフクイーン」

ステータスや能力で言えば今回のアディショナルの中でもかなりの強カードですね。

守護・ドローに加え進化時にカシオペアと同様の除去能力を備えているのも優秀です。

現環境ではコントロールエルフに入りますが相変わらず自然ドラゴンや機械ビショップに弱いのが厳しい所ですね。

現在使用率が高いヴァンプ(特にバーン軸)にはかなり有利なのでコントロールエルフが増えてくる事もあるかもしれません、しかし自然ヴァンプに対しては勝ち筋がリノセウスだけだとアザゼルで簡単に詰んでしまうので難しい所と言えるでしょうか。

「白銀の閃き・エミリア」

5コストで名前の異なる2枚の兵士フォロワーサーチとエンハンス7によるEP消費無し進化・ダメージを受けない能力、進化時の手札兵士フォロワーコストダウンと文句無しの強カードでしょう。

やはり「思わぬ躓き」が他のクラスのドローカードと比べて使い辛いせいかロイヤルはアンリエットに続いてドローカードの補填をしている感じがしますね。

進化時コストダウンで新ゲルトを出す流れが安定になりそうですが進化ロイヤルはまた必要レジェンドが増えて作り辛いデッキになってしまいました。

せめて次弾では低レアリティのドロースペルなどが追加されて欲しい所ですね。

「楽園の双翼・ガルラ」

このバトル中に破壊された自分のアミュレットの数以下のコストのアミュレットとフォロワーを場に出し、ファンファーレ能力を働かせるという面白いカードですね。

効果を十全に発揮するのならばナテラでアミュレット破壊数を稼げる自然軸が適正でしょうか。

効果のコストを上げる為に時間がかかるのでアンリミよりはローテ向きの性能となっていますね、これからの強ファンファーレ持ちアミュレットの追加カード次第では化ける可能性が高いカードかもしれません。

「ターミネイトマシンベア」

自分の機械か自然フォロワーが攻撃する時にPPを1回復し、ターン終了時の残りPPで単体除去や全体バーンが発動する突進持ちフォロワー。

機械・自然タイプを持ったPP参照フォロワーという今までの流れを汲んだフォロワーと言えますね。

素出ししたとしても自身や他の機械か自然フォロワーがいればPPを回復して除去も出来るという強カードだと思います。

しかし今の機械ネメシスはエアリアル→鋼鉄と大地→新ベルフォメットの流れが強いので、普通に使うよりはこれらのカードの補助としての使い方になるでしょうか。

鋼鉄と大地でコストが下がればPPも残しやすくなるのでベルフォメットを引けなかった時の代用としては充分な能力と言えるでしょう。

まとめ

今回はナテラ崩壊のアディショナルカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

やはりランクマではヴァンパイアが多くネクロ・ネメシスが次点で多いという印象を受けました。

バーン軸はともかく自然ヴァンプは細かく構築が違ったので戦っていて楽しい勝負が多かったです、やはり新カード追加後の試行錯誤している期間が個人的には一番楽しいですね。

面白い構築や解説の補足などが見つかれば随時更新していきますので、この記事がアディショナル環境のご参考になれば幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする