シャドウバースの序盤生成おすすめカード!上級者向けヴァンパイア編①

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回は上級者向けクラスの一つであるヴァンパイアの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。

ヴァンパイアは自分リーダーにダメージなどのデメリットがある代わりにコストに対しての高いステータス・強力な効果を持つカードや、自分リーダーの体力が10以下の時に発動する復讐能力などが特徴のクラスとなっています。

エルフ・ウィッチと並んで扱いが難しいと言われているヴァンパイアですがコンボが難しいというよりは自分リーダーの体力管理が難しいという感じですね。

使い始めの頃は自傷と回復のタイミングが判断し辛い事に加え、幅広いデッキタイプの1ターンに出せる最高打点を把握していないと準備が整う前に削り切られてしまう事が多いと思います。

コンボ技術というよりはカード知識と対戦経験が必要になるクラスだと言えるでしょう。

デメリットのあるカードや復讐能力持ちを採用しないデッキタイプであれば火力は落ちますが、優秀なドローソース・高い回復効果を持つカードなどを気軽に使用出来るので序盤にヴァンパイアを使うならそういったカードを中心に生成していくのがおすすめになりますね。

機械軸も高い回復力・フォロワー展開力があるので序盤ではおすすめのデッキタイプになります、機械カードで固めれば良いので作りやすいというのも序盤では嬉しいポイントでしょう。

今回は始めたてでも作りやすい機械軸の有用カードや、汎用性が高いカードなどを中心にご紹介していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生成おすすめレジェンドカード・ヴァンパイア

「真紅の抗戦者・モノ」

ファンファーレでこのバトル中に破壊された自分の機械フォロワーが7体以上なら「ファースト・ワン」1枚を手札に加える。

進化時に疾走と守護を持ち自分のターン開始時に自分リーダーとこのフォロワーに1ダメージを与える2コストフォロワー。

EPによる進化が出来ませんが専用スペルである「ファースト・ワン」で自身と場の機械フォロワーを全て進化させる事が出来るという機械軸のフィニッシャーです。

進化後のステータス上昇が+4/+4と高い上に疾走と守護を持ち他の機械フォロワーも進化させる事が出来るので、相手は場に機械フォロワーを残せなくなるという影響力が強いカードとなっています。

このフォロワー自体は2コストですが専用スペル込みの運用になるので実質プレイするのは最速で7PP以降になりますね、どのみち機械フォロワーの破壊数を稼がなければいけないので初手のマリガンでは返すようにしましょう。

機械軸にはモノ以外の必要レジェンドに「夜明けの吸血鬼・ノイン」とニュートラルの「機械神」が入りますが、序盤でこれらを生成するのが厳しいという人は「機械神」の方を優先しましょう。

ニュートラルで他のクラスにも採用出来るという事もありますが機械ヴァンプは盤面除去手段に乏しいので「機械神」の優先度は高くなりますね、あるかないかで安定感がかなり変わるので機械軸を作るなら合わせて生成しておきたいカードとなっています。

「悪逆の公爵・ユリウス」

相手の場にフォロワーが出るたび相手リーダーに1ダメージ・自分リーダーを1回復。

ファンファーレで復讐状態ならこのフォロワーはEPを消費せずに進化出来、進化後で自分ターン中相手フォロワーに攻撃して破壊し、このフォロワーが破壊されなかったならこのフォロワーを4回復する3コストフォロワー。

3コスト1/5という防御寄りなステータスに加え相手フォロワーが出るたびにダメージと回復を発生させるという存在するだけで相手からすると非常に厄介なカードでしょう。

復讐状態でのEP消費無し進化が可能で進化後は5/5という破格のステータスになり、相手フォロワー破壊時の自身回復と強い効果満載のレジェンドに相応しい能力となっています。

復讐軸でなくとも採用出来るパワーの高いカードとなっているので生成にはおすすめの1枚になりますね。

「ヨルムンガンド」

ラストワードで自分リーダーにこのバトル中「自分のターン毎に1回、自分リーダーがダメージを受けた時に相手リーダーと相手フォロワー全てに3ダメージ」を付与する5コストフォロワー。

5コスト5/5の標準ステータスに加え自分のターン中にダメージを受ければ相手全体3ダメージとかなり強力な効果を持つカードですね。

ヴァンパイアの自傷カード全般と相性が良いレジェンドになっており、相手のフォロワーの効果ダメージなどでも自分ターン中であれば発動します。

上方修正を受ける前は6コストで全体1ダメージ・重複可能と耐久デッキ向けのステータスでしたが、現在はアグロなどの速いデッキにも採用されている程の優秀なカードとなっているので生成にはおすすめの1枚になりますね。

「魔獣の女帝・ネレイア」

ファンファーレで「キャタラクトビースト」1体を出し守護を付与、渇望状態なら進化して進化後の攻撃時に相手フォロワー全てを-2/-2する6コストフォロワー。

自身と同じコストである「キャタラクトビースト」を守護付きで出すというだけでもコストに対して破格の能力ですが、それに加えて渇望状態ならEPを使わずに自動進化して攻撃時に相手の全体ステータスを下げるという攻防一体のカードになっていますね。

渇望状態とは「このターン中にデッキから手札に加えたカードが2枚以上」という状態で、通常ドロー+何かしらのドロー効果で達成出来るヴァンパイア特有の状態となっています。

ヴァンパイアには自分ターン開始時にカードを引く能力を持ったカードが多く、もちろん普通のドローカードを使った後にネレイアを出しても条件が満たせるので難しく考える必要はありません。

渇望状態にしてからプレイするのが理想ですが進化権があるなら無理に狙わなくても良いぐらい強力なカードとなっているので、温存してネレイアで対処出来ない盤面を作られる前に出しておくのが無難になりますね。

まとめ

今回は序盤に生成おすすめなヴァンパイアのレジェンドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

ヴァンパイアはカードパワーが高い代わりにデメリットもあるという典型的な上級者向けクラスとなっていますね。

最初の内はそこまで気にならないかもしれませんがランクが上がっていくと、「自傷を多くしていたら一気に巻き返せない程の危険域まで体力を削られた」という事が多くなると思います。

特に低コスト疾走が多いロイヤルや速い段階で大型疾走を出してくるドラゴンなどは自分の体力を減らし過ぎないように注意して戦わなければなりません。

次回はヴァンパイアのデメリットをカバー出来るようなブロンズ~ゴールドの生成おすすめカードをご紹介したいと思いますのでご参考にして頂ければ幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする