環境デッキと対策~アルティメットコロシアムアディショナル環境:シャドバ

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースのアルティメットコロシアムアディショナルカード追加で増えそうなローテーションのデッキなどの話をしていきたいと思います。

環境初期記事の予想と違って現在まで妖怪ネクロや自然ウィッチ・式神ウィッチなどにナーフなどのバランス調整は特にありませんでしたね、やはりコラボパックには調整を入れたくないのでしょうか。

相変わらず出せれば押し切れる環境が継続しているのでランクマでもネクロとウィッチが多く、次点でエルフ・ドラゴン・ロイヤルとまぁまぁ当たる感じになっています。

私は主にコントロールエルフと当たった時の時間がかかる耐久バトルが嫌なので自然ドラゴンをメインに使用していますが中々対応幅が広いので勝率は良いです、妖怪ネクロや式神ウィッチでは対処し辛い潜伏ロイヤルにも対処しやすいですからね。

ともあれ今回はアルティメットコロシアムのアディショナル追加で増えそうなクラスのデッキをご紹介していきたいと思います。

まだアディショナル環境序盤ですがランクマに潜りつつ随時更新していきたいと思いますのでご参考にして頂ければ幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アディショナル追加で増えそうなクラス

「進化ロイヤル」

プリコネ勢を始め盤面に高ステータスを並べ易く、カゲミツ+君臨する猛虎での高打点疾走が強力なデッキですね。

私は潜伏ロイヤルが使用していて面白くないので進化ロイヤルを使っていますが、立ち回り方が色々あり楽しいデッキです。

進化数を稼ぎ相手の除去カード使用枚数を数えつつカゲミツをベストなタイミングで出せばこのような盤面になりますからね、序盤の努力が報われた感じがするフィニッシュです(こんなに進化数稼げるのはコントロールエルフだけですが)

しかしこのデッキは必要レジェンド数が妖怪ネクロと並んで多く、同クラスの潜伏ロイヤルが安くて強い事から環境では当たる事が少ないのではないでしょうか。

ですが今回のアディショナルで追加された「煌剣の戦士・アンリエット」が完全に進化軸用の能力で「4/5守護・PP回復・リーダー回復・手札補充」アディショナル前の進化ロイヤルに欲しかったものを全て兼ね備えたカードとなっています。

特にリーダー5回復と手札補充能力が嬉しいですね、「思わぬ躓き」をエンハンスでプレイしなくても息切れしなくなるのは大きいですしシズルの回復効果の為にEPを残しておく必要も少なくなりました。

現状の進化ロイヤルはフニカルとヤヴンハールを入れなくても進化回数を充分に稼げますし、組めるエーテルが確保出来るならこのカードの追加で潜伏よりも使用率は上がるのではないでしょうか。

正直今回の追加の中では文句無しの強カードだと個人的には思います。

進化ロイヤルの対策に関しては進化回数を常に確認し、高ステータスの強化カゲミツ・ペコリーヌや進化シズルが出てきても対処出来る手段を温存しておく事です。

現在のロイヤルには白刃の存在があるので他のクラスよりフォロワーを残した時の危険性が高く、一気に猛虎フィニッシュ圏内まで削られる事がざらにありますからね。

フォロワー破壊数を確認しておく事も重要で10体達成されている場合7PPから(優雅なもてなしでコストを下げられている時は6PPから)は君臨する猛虎の疾走にも気をつけなければいけません。

猛虎本体が4点+2点バフなので強化ペコリーヌなら12点もの疾走ダメージを受けるので体力管理や守護の用意はしておかないと文字通りやばいです。

弱点として進化ロイヤルは手札消費が激しい割りにドローソースが不足しているので「思わぬ躓き」をエンハンスプレイする余裕を与えない盤面作りも重要ですね。

もしプレイされたとしても潜伏ロイヤルと違ってフォロワーが多いのでダメージが飛んでくる可能性は低いですし、ダメージが飛んできた場合は白刃が手札に入った可能性が高いのでそれありきのプレイングをする事が出来ます。

「密林エルフ」

密林の守人のプレイ枚数を稼ぎ盤面を強化しつつ、直接召喚リマーガや原生林の族長での疾走を狙うアルティメットコロシアムから登場したデッキタイプですね。

現状のランクマではコントロールかアマツが大半なのであまり見かける事がありませんが、リノセウスが落ちた後やこれからの追加カードによっては使用率が高くなる可能性が充分あると思います。

今回のアディショナルで追加された「プラントエルフ」もその一つで、守人を手札に加えるカードの追加+進化時に盤面除去能力のリーダー付与と密林エルフに追い風のようなカードになっていますね(レジェンドではなくゴールドというのも嬉しいポイント)

「原生林の族長」で守人のコストを下げれますし、対空射撃などのバウンスカードと組み合わせれば結構な盤面除去性能になると思います。

ランダムダメージというのも嬉しいポイントで、密林エルフでは効果を使い辛い「アクティブエルフ・メイ」や「純真なる弓使い・リノ」のUBの運ダメージでしか対処出来なかった潜伏持ちにも対応出来るようになりました。

これからの追加で出来る事がどんどん増えていきそうなデッキタイプなので、コントロールの長時間バトルやアマツの運ゲーが面白くないという人は作っておいて損は無いデッキだと思います。

「アーティファクトネメシス」

森羅咆哮アディショナルの「アブソリュート・モデスト」に続き、今回のアディショナルの追加もアーティファクト関連のカードになりましたね。

現環境のネメシスは単体で強い「アーツマスター・カルラ」を投入したアーティファクトやコントロールデッキが主流ですがユニオンバースト持ちが無く、フィニッシュも遅いのであまり見かける事が無いという悲しい事態になっています。

今回のアディショナルで追加された「ヴァーテクスコロニー」がモデストと同じアーティファクトの種類参照能力になっていて、上手く破壊を稼げていればコロニーでの守護を立てつつ全体ダメージからのモデストのバーン効果でかなりの優位盤面が作れますね。

しかし9コストというのがネックで現環境では最速ギンセツやクオン、7.8ターン目に20点を出せる自然ウィッチがいる兼ね合いで活躍するのは難しいと思います。

次のストーリーを見る限りネメシス所属のベルフォメットが再登場するので、ネメシスの強化や機械カードの追加などがこれから行われるかもしれません。

正直ここまで不遇な扱いをされているので次弾では強カードがネメシスに来る可能性は高いと思われます、クラスの使用率が偏っているので遅れてナーフが来る可能性もあるかもしれませんしね。

速い環境で無くなるのならばこのデッキタイプは普通に強いと思います。

その他アディショナルカード雑感

「プリンセス・ナイト」

プリコネの主人公がまさかの参戦、UB勢の強力なサポート効果を持っていますね。

手札を減らさず進化をすれば実質2コストでステータスも高く、このカードの進化と進化時効果を合わせてUBが-3されるという壊れカード(UBが無いネメシスは泣いていいと思います)

強力なUBを持つウィッチ・ネクロ・ロイヤルには無理なく投入出来るカードなのではないでしょうか、妖怪と式神に関しては進化を切りたいフォロワーが決まっているので枠があるかは微妙ですが。

正直今回のアディショナルの中で汎用性では一番の強カードだと思います。

「貴族の舞踏」

1コストと2コストのフォロワーをデッキから場に出し、エンハンス8で+3コストも出して全てを進化させるという3コストスペル。

一見進化ロイヤルと相性が良いように見えますが1コストにはカゲミツ・2コストにはデュアルブレイダー・3コストにはアイテール・ペコリーヌと手札からプレイしたいフォロワーがいるのでどちらかと言うと潜伏ロイヤル向けなのではないでしょうか?

エンハンス効果も猛虎ではなくゼウスをフィニッシャーにしている進化ロイヤルの進化数稼ぎには良いかもしれませんが、8ターン目に低コストを進化させてもカゲミツが出なければ盤面を返せない事がほとんどだと思うので使うならクイックブレーダー+リオードの確定サーチとしての使い方が良いと思います。

「幻想の妖精竜」

相手リーダーを攻撃出来ませんが「このバトル中に破壊されたコスト1以下の自分のカードの数」体力を+する効果があり5枚以上なら進化するという壁フォロワーですね。

「元コスト」と書かれていないのでコストが下がった1コストなどでもカウントされるのでしょうか?、ナテラを破壊出来る自然軸なら1コスト高体力守護としての活躍が期待出来そうです。

しかし現環境のアマツとは相性が良くないので使われるのはコントロールなどになるかもしれませんね。

「レヴナントソウル・アーカス」

アーカスネクロの恐怖再び、帰って来たアーカスさん。

本体は能力によって破壊・消滅しないという上にターン終了時でのステータスリセット効果があるので倒されなければ体力全回復と変わらないですね。

基本は葬送して「ソウルテイカー・ララ」の効果で0コストにしつつ破壊効果を踏み倒してエース級フォロワーを出すターンに並べる動きが強そうです、後半ならステータスが高くなるのでなるべく温存しておくのが良いでしょう。

「永久凍土のベヒーモス」

ローテ自傷ヴァンプのフィニッシャーがアディショナルで登場、優秀な結晶時効果とバーンダメージが両立しているフォロワーですね。

しかし本体が9コストな上に上限ダメージが10止まりとフィニッシャーとしてはどうしても「闇喰らいの蝙蝠」の劣化版に見えてしまいますね、自傷稼ぎをしながら9ターン目までに相手リーダーの体力を10まで削るのは現環境ではかなり難しいと思います。

回復手段が無い式神には序盤で削れていれば希望があるかもしれませんが自傷しながらクオン相手に生き残れるかは別問題ですし、回復手段が豊富なネクロ・ドラゴン・エルフ・ビショップなどには相性が悪過ぎますからね。

「魅惑の教鞭・イオ」

ヴァンパイアのUB持ち2人目が遂に参戦、2コスト2/2の標準ステータスに加えドレイン持ち・進化時に相手リーダー含めての全体2ダメージと強力な効果を持っていますね。

特に注目すべきは進化時能力で「ドラゴンバスター・イアン」の低コスト版だと考えればかなり強いですね、あちらと違ってドレインと二者択一ではなく相手の場が埋まっていても効果が使えるのが優秀です。

UBは相手の場に依存するのであくまで刺さればラッキー程度で運用しましょう、正直進化を使い切った後以外は序盤に出した方が強いと思います。

「崇拝の実現」

自分のアミュレット1つを選択してそれと同名アミュレットを4枚場に出すという5コストスペル。

色々と使い道が多そうな面白いカードですね、ローテで使うなら「フェザーサンクチュアリ」を量産して3/4疾走の隼を4体並べた後にヘクターで強化して20点出す使い方が強いのではないでしょうか?

守護やダメージカットが無ければその時点でフィニッシュですし、進化が残っていればヘクターで体力7の守護までは処理出来るので今回アディショナルのダークホースになりそうですね。

これが流行ると疾走メタである「極光の天使」の需要が高まりそうな気がします。

まとめ

今回はアルティメットコロシアムのアディショナルカードについて紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

まだ追加されたてなのでこれからどう環境が変わるのか楽しみですね、しばらくはランクマに潜って色んなデッキを見てみたいと思います。

面白い構築や解説の補足などが見つかれば随時更新していきますので、この記事がアディショナル環境のご参考になれば幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする