シャドウバースの序盤生成おすすめカード!中級者向けネクロマンサー編①

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回は中級者向けクラスの一つであるネクロマンサーの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。

ネクロマンサーは墓場枚数を増やす効果や墓場枚数を消費して発動するネクロマンス、破壊されたフォロワーを場に出す効果のリアニメイトなどその名の通り墓場を利用する効果のカードが多いです。

フォロワーやアミュレットは破壊されると墓場が+1されますが、前回の記事でご紹介した墓場が増えない消滅を得意とするビショップとは相性が悪いと言えますね。

ですがネクロマンスの使用が少し遅くなる程度なのでそこまで大きなアドバンテージ差はありません、リアニメイトに関しても手札から捨てて破壊する葬送を使う事が多いですしね。

ネクロには強力なラストワード持ちが多く、相手のフォロワーを破壊するものから代わりのフォロワーを展開出来るものまで幅が広いです。

ネクロのデッキはフィニッシャーとなるカードを決め、ネクロマンスをどういったカードに割り当てるかという組み方になりますが基本的にはネクロマンス持ちを入れ過ぎないように気を付ければそう難しいクラスではありません。

ネクロマンスは強力な効果が多いですが墓場枚数が足りていなければコスト不相応カードと変わらないので、最初は墓場が余るくらいのデッキ構築にして慣れてきたら投入枚数を調整するのがおすすめになりますね。

今回はフィニッシャーの他に墓場枚数を増やす有用カード・ネクロマンス持ちおすすめなどバランス良く生成おすすめカードをご紹介していきたいと思いますのでご参考にして頂けると幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生成おすすめレジェンドカード・ネクロマンサー

「永遠の花嫁・セレス」

ネクロにおいて最優先で生成したいのがこのカード。

自分のターン終了時に自分リーダーを3回復・交戦時に交戦する相手フォロワーに3ダメージ・ファンファーレで「永遠の誓い」1枚を手札に加えるという5コストフォロワー。

使い切りではない生存している限り回復出来る能力・低体力フォロワーに対処されないかつ低攻撃力が問題にならない交戦時ダメージ能力・自分手札のネクロマンサーカード全てのコストを-2するという「永遠の誓い」とレジェンドに相応しい強カードですね。

速攻デッキなどはこのカードの存在で詰む事が多いですし、進化を使い切った後にこのカードを出されると対処出来ずに回復され続けるという事も珍しく無いです。

「永遠の誓い」も6コストスペルと一見使いにくそうに思えますがネクロマンサーカードならなんでもコストが下がるので2コストフォロワーや除去スペルなどが0コストで使えると考えればテンポロスは最小限に抑えられます。

そして最速で使用すれば9コストフォロワーが7PP時にプレイ出来るようになるので、アルティメットコロシアムの環境記事でも触れましたが「大妖狐・ギンセツ」などとは相性がとても良いです、もちろんアンリミだとさらに選択肢が多くなりますね。

単体でも組み合わせとしても強いカードとなっているので生成にはおすすめの1枚となります。

「冥界の番犬・ケルベロス」

ファンファーレで「番犬の右腕・ミミ」1体と「番犬の左腕・ココ」1体を出し、進化時に自分の他のフォロワー全てに「ラストワード:ランダムな相手フォロワー1体に1ダメージ」を付与出来る5コストフォロワー。

このカード1枚で3体を出せる展開力に加えミミとココは優秀なラストワードを持っており、本体の進化時能力もあり低ステータスが気にならないという強カードですね。

ネクロのレジェンドには「ケルベロス」という同一人物の別カードがありますが、こちらは本体に進化時能力が無くスペル版のミミとココを手札に加えるという汎用性はありますがテンポやコスト的には微妙といったカードになっています。

始めたてで生成するならリメイク版とも言える「冥界の番犬」の方がおすすめになりますね。

「魔将軍・ヘクター」

ファンファーレで場が上限になるまで「ネクロマンス3:ゾンビ1体を出す」を繰り返し、その後ターン終了まで自分の他のフォロワー全てを+2/+0して突進を付与するという7コストフォロワー。

ビショップのレジェンドカード記事で紹介した「聖将軍・ヘクター」の死後の姿です(登場時期はこちらが先ですが)、あちらが防御寄りの聖騎兵なのに対しこちらは墓場さえ肥えていれば最大4体のゾンビを展開出来るという攻撃的な能力になっています。

もちろん場に残っているフォロワーの打点上げにも使えますし、このカード1枚で本体を含め場を埋められる程の展開力はフィニッシャーにもなりうる優秀な能力ですね。

ヘクターをプレイ出来る頃には墓場枚数は充分にあると思いますので(他のネクロマンスを連発していなければ)最低でもゾンビ2~3体は確保出来ると思います。

墓場枚数が乏しい場合は他のフォロワーを展開し墓地肥やし+打点上げを狙っていきましょう、前述のケルベロスとも相性が良く相手はヘクターの存在から7PP以降は盤面処理を強要されるので良い流れに持っていく事が出来ます。

「大妖狐・ギンセツ」

「一ツ尾狐」1体をアクセラレート2で・3体をアクセラレート5で出し、ファンファーレでは4体を出し場に一ツ尾狐が出るたびに+1/+0してドレインを付与出来る9コストフォロワー。

アルティメットコロシアム環境のローテーションでは花嫁セレスの「永遠の誓い」を使い、7ターン目での本体召喚を狙った「妖怪ネクロ」が新タイプのデッキとして登場しましたね。

2種のアクセラレートで守護と突進を持つ1/3の一ツ尾狐を出せるのに加え、本体を出せれば一ツ尾狐全てが2/3守護・突進・ドレインと最大8回復出来る+盤面を埋められるというコストに見合った大型フォロワーとなっています。

ギンセツ本体は1/9というステータスですが一ツ尾狐が破壊される度に+2/+0されるのでファンファーレで出した一ツ尾狐が全て破壊されれば9/9という高ステータスになります、ドラゴンの「ポセイドン」の凶悪版といった性能をしていますね。

アンリミテッドのデッキでは主にアクセラレートの方をメインに使用し「シャドウリーパー」などの他のフォロワーが破壊されると強化されるカードと組み合わせて使用するのがおすすめの使い方になります。

長引いた際のフィニッシャーにもなれるので速いデッキ・遅いデッキ両方に採用出来、汎用性が高く生成にはおすすめの1枚となっていますね。

まとめ

今回は序盤に生成おすすめなネクロマンサーのレジェンドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

ネクロのデッキはネクロマンスを使う為の墓場枚数を調整するのが難しく見えますが、除去・展開・強化などのどれをメインに使うかを決めてデッキを組めばそう難しい事ではありません。

むしろ専用構築となりコスト管理が重要なリアニメイト軸の方が扱いとしては難しいので、最初に作るネクロのデッキはオーソドックスなネクロマンス軸の方が個人的にはおすすめになりますね。

次回は引き続きネクロマンサーの生成おすすめカード・ブロンズ~ゴールドをご紹介していきたいと思いますので参考にして頂ければ幸いです!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする