シャドウバースの序盤生成おすすめカード!中級者向けビショップ編②

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

前回に引き続き中級者向けクラスの一つであるビショップの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。

前回はレジェンドカード中心の紹介をしましたが、今回はブロンズ~ゴールドまでの序盤に生成おすすめなカードをご紹介したいと思います。

少し前までのアンリミテッドのビショップは「封じられし熾天使」を使った特殊勝利デッキか、カウントダウンアミュレットがメインの疾走軸などが流行っていました。

しかし森羅咆哮から登場した「自然ビショップ」の影響でどちらのデッキでも有用だった「黄金都市」が大幅にナーフされ、熾天使に関してはもうマスター帯で使う人は見かけなくなった感じがあります。

現在では回復手段が充実してきたエイラ軸が多い印象がありますが、アンリミで多いウィッチ相手だと相性が悪いので速いデッキを使っている人も普通にいますね。

初心者帯ではガチ構成の超越や疾走などと当たる事はまず無いと思いますので、今の内にカードの効果を覚えつつ色んなデッキを試してみるのが良いと思います。

今回もデッキタイプによってのおすすめや汎用的なカードをご紹介致しますので、ご参考にして頂ければ幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生成おすすめブロンズカード・ビショップ

「僧侶の聖水」

自分のリーダーかフォロワーを2回復してカードを1枚引くという2コストスペル。

回復とドローを同時に行う事が出来、速攻デッキの多いアンリミやエイラ軸で有用となる1枚になりますね。

2コストファンファーレで回復が出来るフォロワーもいますがエイラ軸では盤面が埋まる事が多く、スペルならば場が埋まってようが使用出来るので必ず1~2種類は入れておくのがおすすめとなります。

「聖獅子の結晶」

2/2の「聖なる盾の獅子」1体を出す2コストスペル、バトル中のプレイ枚数が3枚以上~5以下なら4/4の「聖なる鎧の獅子」1体を出し6枚以上なら4/4疾走の「聖なる王の獅子」1体を出すという聖獅子軸のメインカード。

聖獅子軸はレジェンドカード紹介でも少し触れましたが、基本はこのカードを連打して盤面を埋めつつ疾走で削るという難しい動きをする必要が無い初心者向けのデッキタイプとなっています。

このカードを手札に加えるフォロワー・スペル・アミュレットなどもあり、その全てがシルバー以下のレアリティで揃う生成コストの安さ・低コストが多く手札事故がほぼ無いというのもおすすめのポイントです。

他のクラスをメインに使っている方もとりあえず聖獅子軸を作ればデイリーミッションのビショップで○勝するというのも達成出来るようになるので一度試してみてはいかがでしょうか?

「愚神礼賛」

ファンファーレでカードを1枚引き、カウントダウン2のラストワードでランダムな相手フォロワー1体を破壊する2コストアミュレット。

ブロンズカードにしてはコストに対して強力な効果を持った汎用性の高いアミュレットで、ドローに加えて序盤でも終盤でも厄介なランダム破壊効果があり相手は進化や大型のフォロワーを出しづらくなります。

○ターン後破壊は隙が大きい高コストアミュレットやフォロワーを安全に出すお膳立てにも使えるので、色んなデッキタイプで活躍が見込めるおすすめのカードになりますね。

「鉄腕の修道女」

ファンファーレで「リペアモード」1枚を手札に加える効果を持った3コスト2/3の守護フォロワー。

エイラ軸で有用なリペアモードを手札に加えられる+コストに対して本体のステータスも高い強カードになります。

エイラ軸以外でも採用出来る汎用性の高いカードとなっていて、後述の機械腕の祈り手やクルトとセットで運用している人が多い安定カードとなっているので生成にはおすすめの1枚ですね。

生成おすすめシルバーカード・ビショップ

「ユニコーンナイト」

ファンファーレで「ユニコーン」か「ユニコーンスピア」のどちらかをチョイスし手札に加える2コストフォロワー。

基本的には強力なスペルであるユニコーンスピアをチョイスし除去+回復を構えるようにしましょう、エイラ軸ではもちろん他のデッキタイプでも有用な汎用性の高いカードとなっています。

「機械腕の祈り手」

ファンファーレで「リペアモード」1枚を手札に加え、他の機械カードをプレイした時に必殺が付与される2コストフォロワー。

前述の鉄腕の修道女も機械カードになり「機械腕の祈り手→鉄腕の修道女」の流れが強く、必殺と守護を並べつつリペアモードを確保出来るのでエイラ軸以外でも活躍が見込める有用なフォロワーになります。

リペアモードも機械カードなのでこのカード1枚でも能力を発揮出来るというのが嬉しいポイントですね。

「聖獅子の神殿」

ファンファーレで「聖獅子の結晶」1枚を手札に加え、自分が聖獅子の結晶をプレイするたびにPPを1回復するという永続設置型の2コストアミュレット。

聖獅子軸では必須と言ってもいいアミュレットでPP回復に回数制限も無く、2PP以上あるなら実質1コストで聖獅子の結晶がプレイ出来る上に2コストという設置の隙が少ない強カードになります。

マリガンで最優先に探しにいきたい1枚ですが場に設置するのは1枚に留めておきましょう、2枚設置すればPP回復効果が重複しますが盤面が狭くなりせっかく回復したPPが余ってしまう事が多いですからね。

生成おすすめゴールドカード・ビショップ

「黄金の鐘」

ファンファーレで自分リーダーを1回復し、カウントダウン3のラストワードでカードを2枚引く1コストアミュレット。

「詠唱:聖なる願い」の上位互換のようなカードで、ビショップの安定ドローソースとなる1枚です。

回復効果がありますが1ターン目から使っても全然問題ありません、後攻1ターン目でも進化可能ターンまでにドローが間に合うのでエイラ軸でも遠慮なく初手で設置してしまいましょう。

「詠唱:白牙の神殿」

自分のターン終了時に自分リーダーを1回復し自分リーダーか自分フォロワーを回復させる能力が働くたびにこのカードのカウントダウンを1進め、カウントダウン8のラストワードで「大翼の白竜」1枚を出すという3コストアミュレット。

エイラ軸では必須の1枚になり、継続回復に加えラストワードで出てくる大翼の白竜は6/6と高ステータス+そのまま強化出来るという無駄が無い強カードとなっています。

レジェンドの「七宝石の姫・レ・フィーエ」と併用すればターン終了時に2回も回復が入るのでエイラの強化をより磐石にする事が出来ますね。

「聖弓の使い手・クルト」

自分のリーダーが回復するたびに相手フォロワー全てに1ダメージ、進化時に自分リーダーを2回復し進化後なら相手フォロワー全てに2ダメージを与える4コストフォロワー。

全ての速攻デッキに対する回答と言えるビショップ屈指の強カード。

序盤のテンポロスを補う回復しながら潜伏や選択出来ないフォロワーも関係無く横展開している相手フォロワーを全滅させ、本体のステータスも高い上に能力の回数制限も無いという壊れ性能。

3ターン目に前述の「詠唱:白牙の神殿」を設置していれば進化時で4ダメージまで対応出来、機械フォロワーが生成する「リペアモード」があればさらに対応幅が広がります。

現状速攻デッキ以外には必ず入っている程の採用率を誇り、除去手段が乏しかったエイラ軸では救世主のようなカードになっています。

正直ナーフされてもおかしくないレベルの性能をしていますが、初心者の方などには最優先で生成してほしいカードになっていますね。

まとめ

今回は序盤に生成おすすめなビショップのブロンズ~ゴールドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

序盤は作成コストが安くて強い聖獅子軸がおすすめですが、ランクが上がってくるとやはり現状エイラ軸を使うのが安定だと思います。

最初から強い環境デッキを作ろうとすると他のクラスのデッキまで手が回らなくなり、デイリーミッションの達成が難しくなってしまいますからね。

この記事が少しでも構築の参考になれば嬉しく思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする