シャドウバースの生成おすすめカード!序盤の初心者向けドラゴン編②

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

前回に引き続き初心者向けクラスの一つであるドラゴンの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。

前回はロイヤル編①と同じくレジェンドカード中心の紹介をしましたが、今回はブロンズ~ゴールドまでの序盤に生成おすすめなカードをご紹介したいと思います。

ドラゴンのデッキタイプはPP最大値を増やすカードと覚醒能力カード・高コストカードをバランス良く入れたデッキが序盤は組みやすいと言いましたが、序盤に限らず大抵のドラゴンはテーマや投入するコストの差はあれどそういったデッキタイプが多いですね。

アンリミテッドでよく見るフェイスやアグロなどの速いデッキは別ですが「ダークドラグーン・フォルテ」が1枚制限になった事もあり、現在はドラゴンの速いデッキは少なくなった印象があります。

初期のドラゴンはPPブーストを行うデッキタイプならテンポが遅くなりがちでしたが最近ではPPブーストをしながら盤面に干渉できるフォロワーも出てきたので、そういったカードも含めてご紹介したいと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生成おすすめブロンズカード・ドラゴン

「ドラゴンの卵」

覚醒状態なら自分のターン開始時に自分のリーダーを2回復してカードを1枚引くという使い切りの1コストアミュレット。

ドラゴンはPPブーストを序盤にするなら先行でも後攻でもダメージを受けやすいですし、1ターン目に出来る事が現状他のクラスに比べて少ないので回復カードは必ずあった方がいいです。

このアミュレットはドラゴンの1コストカードの中ではかなり使いやすく、回復と手札補充を同時に行える優秀な効果を持ったカードになりますね。

「侮蔑の従者」

2コスト2/2の標準ステータスに加え、このフォロワーがダメージを受けた時に破壊されなかったら1枚ドローという能力を持ったカードです。

ドラゴンの侮蔑シリーズは単体で機能するカードが少なく、他のカードと組み合わせる事で能力を十全に発揮出来るというデザインですがこのカードは単体でも効果を使える機会があるものになっています。

このカードの存在で相手は攻撃力1のカードを出しづらくなりますし、すでに出されているなら除去をしつつドローが出来るという状況が出来ます。

もちろん0ダメージでも効果は発動するのでレジェンドの政宗とも相性が良いカードになっていますね。

「大鎌の竜騎」

3コスト2/2の必殺持ちで覚醒状態ならファンファーレで疾走が付与されるフォロワーです。

レジェンドの政宗と比べると1コスト多く盤面制圧には貢献出来ませんが、こちらはブロンズという生成コストの安さ・政宗よりも早く効果が使える・疾走持ちなので除去とリーダー攻撃どちらにも使える汎用性の点で差別化できます。

ドラゴンの必殺枠は現状政宗とこのカードで十分事足りるので、手持ちのエーテルが厳しい方はまずこのカードを生成するのがおすすめになりますね。

生成おすすめシルバーカード・ドラゴン

「侮蔑の信者」

ファンファーレで自分のフォロワー1体に1ダメージを与えて1枚ドローという能力を持った1コストフォロワー。

ドラゴンの侮蔑シリーズの起動役ですね、前述の「侮蔑の従者」と組み合わせるとお互いの効果で2枚ドローする事が出来ます。

自分のフォロワーにダメージを与えるのは一見デメリットですが、おすすめニュートラルカードでご紹介した「純心の歌い手」などの相手から無視されがちな低ステータスのラストワード持ちフォロワーの破壊を早める事にも使えます。

1コストという使い勝手の良さですが、守護持ちなどの体力が重要なフォロワーには極力使わないように気をつけてプレイしましょう。

「ジークフリート」

ファンファーレでダメージを受けている相手のフォロワー1体を破壊する能力を持った4コストフォロワーです。

ドラゴンのレジェンドカードおすすめでご紹介した「銀氷の吐息」のような効果を持ち、フィルレインの生成が厳しい方はこのフォロワーを投入するのがおすすめです(もちろん相性が良いので両方投入するのもアリです)

1ダメージでも受けていれば相手のステータスに関係無く破壊出来るというのはやはり強く、無視されていた低ステータスフォロワーや低コスト除去スペルが大型除去の補助として機能するので1~2枚は採用しておきたい所ですね。

「相反する息吹・ガルア」

ファンファーレで「白の息吹」「黒の息吹」どちらかのスペルをチョイスし、手札に加えるという5コストフォロワー。

「白の息吹」は2コストで2ドロー出来るという優秀なドローカード、「黒の息吹」は4コストで相手のフォロワーかアミュレットを1枚破壊するというコストに対して対応幅が広い除去スペルとなっています。

基本的に手札が少なければ白、大型フォロワーの除去札が無い時や対ビショップ戦などの強力なアミュレットを対策するなら黒をチョイスしましょう。

ガルア本体は5コストと軽くは無いですがステータスは悪く無いので、余裕がある内に出して相手にプレッシャーを与えていきたい所ですね。

生成おすすめゴールドカード・ドラゴン

「侮蔑の炎爪」

自分のフォロワー1体に1ダメージを与えて相手のフォロワー1体に3ダメージを与える1コストスペル。

このカードも前述の「侮蔑の信者」と同じく侮蔑シリーズの起動役カードで、1コスト3ダメージという破格のダメージを誇ります(現状他クラス含め1コスト2ダメージ・2コスト3ダメージが標準)

ただこのカードは侮蔑の信者と違い自分のフォロワーだけでなく、選択出来る相手のフォロワーがいないと使う事が出来ません

序盤にフォロワーを出す可能性が低いビショップやウィッチが相手なら手札で持て余してしまう可能性が高いので、初手のキープは相手によって変えていきたい所ですね。

「アンネローゼ」

進化時にPP最大値を+1し、覚醒状態ならファンファーレで相手のフォロワー1体に1ダメージを与えるという効果を持った3コストフォロワーです。

メインは進化時のPPブースト能力ですが、ゴールドの2コストに同じ進化時能力を持った「竜剣の少女・アイラ」というカードがいます。

アイラより1コスト多いアンネローゼをおすすめする理由はファンファーレ能力があるからで、アイラは2コスト2/2と序盤は優秀なステータスですがPPブーストが終わった終盤に引いてしまうと手札で持て余します。

その点アンネローゼは終盤でも「銀氷の吐息」「ジークフリート」などの効果と相性が良く、カードゲームでよくある妖怪1足りない率を減らしてくれる優秀なカードになりますね(もちろん速いデッキなどではアイラの方が良い場合もありますし両方投入するのもアリです)

現状ベーシックカードの「竜の託宣」+進化時にPPブーストが出来るフォロワーを投入していれば最低限のテンポロスでPPブーストが出来るので初手のマリガンではこのカード達を探しにいきましょう。

PPブーストカードを入れ過ぎると事故は減りますが終盤にせっかく増やしたPPを持て余してしまいますからね。

「ポセイドン」

アクセラレート2で1/3守護持ちの「ポセイドンの兵士」1体を出し、ファンファーレで「ポセイドンの兵士」2体を出す8コストフォロワー。

単体でも強いですが現状レジェンドの政宗と合わせるとより強い代表格ですね、登場当時は全体除去に乏しいローテーションでPPブーストからのポセイドン+政宗が猛威を振るっていました。

アンリミテッドではローテーションの時程の安定性は無いですが、それでも低ステータスで倒しにくい1/3守護2体を出す能力は盤面制圧力が高いです。

序盤に引いてもアクセラレート2で守護を出せるので、他の高コストフォロワーよりは気兼ねなく3枚投入出来るのが嬉しい所ですね。

まとめ

今回は序盤に生成おすすめなドラゴンのブロンズ~ゴールドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

PPブーストカードを入れる枚数は人によって違うと思いますが、私は終盤に引いても困らないカードを優先して基本的には最低6枚以上は採用する形にしています。

デッキタイプやコンセプトによって投入枚数は変わりますが、ドラゴンで重要なのは「増やしたPPで何をしたいのか?」という事だと思っています。

ドラゴンのデッキ構築には個性が出ますので、この記事が少しでもみなさんのデッキ構築の参考になれば嬉しく思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする