シャドウバースの生成おすすめカード!序盤の初心者向けドラゴン編①

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回は初心者向けクラスの一つであるドラゴンの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。

別の記事でご紹介したロイヤルと同じく、序盤の初心者におすすめなクラスであるドラゴン。

ドラゴンはPPの最大値を増やすという効果を持ったクラス専用カードがあり、後攻でも先にコストが高いカードをプレイ出来るという強みがあるクラスです(他カードゲームで言うブースト効果ですね)

さらにPPの最大値が7以上になるとリーダーが覚醒状態になり「覚醒状態なら~」というカード能力を使用出来るようになります。

覚醒能力は低コストカードでも強力な効果が多いので、対戦終盤でも腐る事が少なく戦力になるという所がドラゴンの強みになりますね。

ロイヤルの兵士と指揮官のように、ドラゴンはPP最大値を増やすカードと覚醒能力カード・高コストカードをバランス良く入れたデッキが序盤は組みやすいのでおすすめになります。

ですがPPブーストが出来るからといって高コストカードを多めに投入すると序盤の手札事故率が上がります、最初は他クラスより少し多めにして、PPがよく余るなと感じたら少しずつ増やしていくのがいいでしょう。

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

生成おすすめレジェンドカード・ドラゴン

「銀氷のドラゴニュート・フィルレイン」

ドラゴンでまず最優先で生成したいレジェンドカード。

2コストという軽さ、ファンファーレで「銀氷の吐息」という2コストスペルを1枚手札に加えるという能力を持っています。

銀氷の吐息は相手のフォロワーを1体選択し「ダメージを受けているなら破壊・受けていないなら1ダメージ」という2コストで相手のステータスに関係無く破壊出来るという強力な効果の除去スペルです。

1/3ステータスのフォロワーは無視されやすいですがフィルレインは進化時に相手のフォロワーに1ダメージを与える能力があり、銀氷の吐息の破壊条件を満たせます。

進化権が無くても銀氷の吐息の存在で、高ステータスでも2コストで処理されるとなると相手はこちらの低ステータスフォロワーを無視出来ないですし、ドラゴンにはダメージを与える効果のカードが多いので高コストを出しづらくなります。

銀氷の吐息はすぐに使うのではなく、ここぞというタイミングまで温存して相手にプレッシャーを与えつつ盤面を有利にしていきましょう。

「暴竜・伊達政宗」

ドラゴンで最優先で生成したいレジェンドカードその2。

2コスト2/2の標準ステータスに加え必殺を持ち、ファンファーレでPP最大値が10ならば「自分のドラゴンフォロワー全ては突進とターン終了時まで受けるダメージは0になる」という能力を付与出来ます。

ドラゴンのフィニッシュや盤面制圧における強カード。

2コストという軽さ故に使い勝手の幅も広く「疾走+政宗で守護を突破しつつダメージ」「守護+政宗で強固な盤面制圧」「ドレイン持ちを突進させて回復」と組み合わせるカードによっては相手が処理し切れなく、そのままゲームエンドまで持っていく事が出来る盤面を作れます。

能力の発揮にはPP最大値が10必要ですがPPブーストが出来るドラゴンでは条件達成は難しく無く、序盤に引いても標準ステータスの必殺持ちというだけで強いので生成にはおすすめのカードとなっていますね。

「ウロボロス」

ファンファーレで相手のリーダーかフォロワー1体に3ダメージを与え、ラストワードで自分のリーダーを3回復してウロボロス1枚を手札に加える8コストフォロワー。

このカードは8/4という高い攻撃力を持ち、ファンファーレでのバーンダメージに加えラストワードでの回復・再利用が可能な単体で強い性能になっていますね。

相手はこのカードを倒したくないけど倒さなければ8ダメージを受けるから倒さざるをえないという状況になり、消滅しない限りは使い回す事が出来るのでずっとプレッシャーを与え続ける事が出来ます。

使い回す都合上デッキに入れるのは1~2枚でいいので、生成コストが安く済むのは序盤では嬉しい所ですね。

「大いなる調停者・ゾーイ」

グラブルコラボで登場したアクセラレート1でカードを1枚引き、コスト10・6/5のアクセラレートを持たないゾーイをデッキに加えるという能力を持ったカードです。

ゾーイは疾走に加えファンファーレで「自分のリーダーの体力が1になるようにダメージを与える」というデメリット効果がありますが、次の自分のターン開始時まで「自分のリーダーへのダメージは0になる」という無敵効果を付与出来るのでフィニッシュの準備をするような使い方がメインになりますね。

ゾーイを出すタイミングは次の自分のターンで相手リーダーの体力を削り切れる状況が多いと思います。

相手はゾーイを出されると守護を立てるか回復するかという選択肢を取ってくる場合が多いので、前述の政宗などの守護を突破出来るカードや多少回復されても削り切れる大型疾走フォロワーなどを用意しておきましょう。

このカードはアクセラレート1で手札交換も出来る序盤に引いても困らない効果かつ、終盤に活躍出来るおすすめのカードとなっています。

まとめ

今回は序盤に生成おすすめなドラゴンのレジェンドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

ドラゴンは他のクラスに比べて高コストカードが使いやすいですが、政宗のような高コストと組み合わせるカードも重要になってきます。

PPブースト能力を持ったカードは現状レジェンド以外のレアリティに多いので、そちらはまた別の記事でご紹介出来ればと思います。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする