ランクマで多いデッキと対策~森羅咆哮アディショナル環境:シャドバ

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はシャドウバースの森羅咆哮アディショナルカード追加で増えたローテーションのデッキなどの話をしていきたいと思います。

一応マスターランク帯の環境デッキの話になるので初心者の方などは、こんなカードが使われているんだなぁという感じで見て頂ければと。

アディショナル追加前のランクマは自然ビショップを筆頭に自然カード主軸のデッキや豪風リノセウス、上方修正を受け続けているアーティファクトなど比較的にバランス良く各クラスとマッチングしていた感じですね。

個人的には勝ち筋が薄い不遇クラスが無い良環境だったのではないかと思っています(各クラスでデイリーをクリアできるくらいには勝てていたので)

まだアディショナル環境序盤ですがすでに確立されかかっている新デッキなども見かけたのでいくつかご紹介していきますね。

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アディショナル追加で増えそうなクラスのデッキ

「アーティファクトネメシス」

ネメシス登場初期から使われているデッキタイプですね。

マーキュリーイージス・シオンの上方修正が行われた時からマスター帯のランクマでも当たることが増えた感じがします。

そして今回のアディショナルで追加された「アブソリュート・モデスト」がアーティファクト軸のフィニッシャー不足を補える能力だったので、使われる事はますます増えていくのではないでしょうか。

能力で参照するのはアーティファクトの種類ですので基本のアーティファクト4種に加えトレースやゴーレム2種などを破壊できれば結構なダメージが出ます。

アーティファクトは盤面制圧力が高いのでリーダーにダメージを飛ばすのは難しくないでしょう。

ゴーレム確保のためにティルを入れられるので全クラスの自然軸で入っている事が多い荒野の案内人やドラゴンのプテラノドン、ネクロのヘリオなど体力2以下のラストワード持ちを消滅させられるのが嬉しいですね。

特にドラゴンは最速プテラノドンがしづらくなるので序盤はマリガンでティルを探しにいきたいところです。

アーティファクトの対策は、序盤からリーダーを削りつつシオンを打たれても耐えられる体力をキープしていれば盤面を全処理する必要無くリーダー狙いで大丈夫です。

アーティファクト軸は回復手段が無い構成が多いですしEPを残されたまま長引けばメイシアでワンパンされる恐れがあるので盤面の処理を相手に押し付ける戦い方がおすすめです。

「スペルウィッチ」

アディショナル追加前のウィッチは自然軸で進化持ちカードを混ぜたデッキが多かったイメージです。

ジンジャーとライリーはとても好相性ですしゼウスも問題なく使えますしね。

そして今回のアディショナルで追加された「魔道具専門店」でライオ軸とは違ったフォロワーを採用しない新しい型のスペルウィッチが組めるようになりました。

魔道具専門店は直接召喚では条件が厳しい割りに遅いので基本手札からプレイする事になると思いますがコスト7と重いので設置した後に盤面を返せる手札にしておかないとそのまま押し切られると思います。

1コストスペルやコストが下がったスペルを多めに温存していれば一気に巻き返せるので7PPか8PP前のターンはしっかり盤面処理をしておきたいところです。

一度設置してしまえば後は回復や守護を立てて削っていくだけになりますが、リーシェナが多かった時のようにこのデッキが増える事でやはりアミュレットも消滅させられるエンジェルシュートなどを入れる人は増えていくと思います。

対ロイヤルなら強除去カードのワルツがいますしアミュレット対策カードがある内はローテでの環境上位は難しいかもしれませんね。

「アマツエルフ」

エルフは現環境では自然・豪風リノセウス・アマツと3タイプに分かれていますが、やはりマスターランク帯はアンリミでも暴れているリノセウスが多いですね。

自然とアマツはたまに当たるぐらいの感覚です。

ですが今回のアディショナルで追加された「神鉄圧錬法」がアマツエルフととても相性が良く、最悪アマツを引けなくても勝ち筋が出せるカードになっています。

アマツエルフはフェアリーを集める傍ら盤面が弱いというのがありましたが神鉄圧錬法によって1コストフォロワーが+1/+0されて突進持ちになるので序盤の動きが安定するようになりました。

あぶれたフェアリーやラストワード持ちのウォーターフェアリーに突進を付与できるのが嬉しいですね。

神鉄圧錬法はリノセウスにも使えるカードですが、個人的には除去やバウンスを減らしてまで投入するかは微妙だと思います。

リノセウスは対策として早め進化の高ステータスフォロワーを残されやすいのでリノセウスのプレイと除去をしていると神鉄圧錬法をプレイする余裕が無い状況が多いのではないでしょうか。

アマツエルフの対策に関してはフェアリー疾走の準備が整うまでに盤面を強くするか、アマツの疾走付与条件であるフェアリー6枚が手札に入った時から除去・回復手段を温存しておく事が大事です。

守護を立ててもいいですが低コスト守護を並べてもアリアの旋風で一掃されますし、高ステータス守護を立ててもアマツ本体には必殺が付与されているのでEPが残っていない場合以外では簡単に突破されます、ですが受けるダメージ自体は減らせるのでアリかもしれません。

一度凌いでしまえば後が続かないので危なげなく戦えると思いますが神鉄圧錬法をエンハンスで使われている場合はフェアリー以外の1コスト疾走フォロワーに注意しましょう。

その他アディショナルカード雑感

「猛火のティラノサウルス」

単純に自然ドラゴン強化ですね、コストが近いネプチューンの代わりに入れる人が多いと思います。

アクセラレートがメインになると思いますがフィニッシャーとしても使用出来るので今回のアディショナルで一番の強カードなのではないでしょうか。

手札の自然カードを全て捨てるのでPPブーストしていても早めに出てくることは無いと思いますが影の侵食のダメージが伸びている時やシヴァを出されていると高確率でフィニッシュされるので、ナテラの回数を稼ぐ余裕を与えない事が大事になってきますね。

「プライマルギガント」

アクセラレートが優秀ですね、回復手段が乏しかったエルフにとっては嬉しい追加ですが入れ替える枠に悩みそうです。

普通に出すなら低コストのエルフフォロワーを入れない専用構築になると思いますので現状どちらかと言うとアンリミ向きですね、リノセウスがアンリミ1枚制限にでもなれば選択肢としてアリだと思います。

ただアンリミではこのカードをプレイできる頃には決着がついていることが多いので対策するよりも自分のデッキの有利を押し付けた方がいいです。

ローテなら出されると全処理は絶望的なので最低でも守護持ちを除去できるカードと終盤の体力を削り切れる手段は確保しておきたいところですね。

「炎氷の司祭・カラト」

自然軸では能力が安定して使えますね、ナテラだけでなく黄金の鐘やムニャールなども数に入るので制圧力が高いと思います。

ただ自然ビショップはアミュレットを置くのとミルフィを使う都合上盤面が狭いのでフィニッシュのアニエスが置けないという状況に気を付けてプレイしたいですね。

対策としては破壊されたアミュレットの数を把握しつつ7PP以降に守護を立てる際は受けるダメージより高い体力のフォロワーを出しましょう。

黄金都市を失った自然ビショップは高ステータス守護に弱いのでしっかり回復しつつ押し切りましょう。

まとめ

今回は森羅咆哮のアディショナルカードについて紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

まだ追加されたてなのでこれからどう環境が変わるのか楽しみですね、しばらくはランクマに潜って色んなデッキを見てみたいと思います。

次は初心者向けのクラス別生成おすすめカードの記事を作ろうと思っているので、よろしければデッキ構築に役立てて頂けると幸いです。

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする