無料カードゲーム「シャドウバース」ゲーム内容や見所を紹介!

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回ご紹介するのは無料カードゲーム「Shadowverse(シャドウバース)」です。

シャドウバースはCygamesより配信されている2016年6月17日のサービス開始時から現在まで更新されているほど長く続いているスマホ・タブレット・PCなどで遊べる無料カードゲームで、私もサービス開始時から楽しくプレイしています。

このゲームは2人対戦型のオンラインカードゲームで、8種類のクラスから1つを選びデッキを組みお互いにターンを交代しながらリーダーの体力が0になるかデッキからカードを引けなくなると勝ち負けが決まるタイプのカードゲーム。

個人的にはMTGに似ているなぁと思いました(リーダー体力20・パワーとタフネス・召喚酔いがあるところとか)

後々調べるとゲームデザインのメインプランナーがMTG国内大会2位の方なので似ているのはそういうことかとなりましたが。

すでに知名度のあるシャドウバースですが、今回はこれから始めようという方や初心者向けにゲーム内容中心の紹介をしていきたいと思います。

その内初心者向けの序盤カード生成・デッキ構築おすすめ上級者向けのクラス別環境メタカード紹介などもしていこうと思っているので、すでにプレイされている方はそちらも参考にして頂ければ幸いです!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

チュートリアルも充実の分かりやすい基本ルール

シャドウバースの基本ルールは上記にも軽く書きましたがプレイヤーは8種類のクラスを割り当てられたリーダーの中から1人選択し40枚のカードからなるデッキを作って対戦、どちらかのリーダーの体力が0になるかデッキからカードを引けなくなった時点で勝敗が決まります。

このゲームには実際にゲームをプレイしながら説明してくれるチュートリアルモードがあるので大体のルールや流れは簡単に把握することが出来ます。

(下記はスマホ版のチュートリアル)

カードには「フォロワー・スペル・アミュレット」の3種類があり、PP(プレイポイント)を消費してカードをプレイし、フォロワーの進化や攻撃を繰り返し勝利条件を目指します。

各カードは簡単に説明すると

・フォロワー:場に召喚される攻撃力と体力を持ったカード。

・スペル:次のターンや即座に効果を発揮する様々な効果を持ったカード。

・アミュレット:場に設置され効果を発揮し続ける・破壊された時に効果を発揮するカード。

基本的にはクラス別の専用カードと、どのクラスでも使えるニュートラルカードの中からこの3種類を組み合わせてデッキを作ります。

ゲームの流れは

・ゲームスタート:先攻後攻をランダムで決定、最初の手札を3枚引き、任意の枚数のマリガン(手札の引き直し)を行う。

・ターン開始:デッキからカードを1枚引き手札に加える(後攻の1ターン目は2枚引く)、手札は9枚まで持つことができる

・カードを使う:PPの分だけカードをプレイする。

・攻撃:特定の能力を持たない限りフォロワーはプレイした次のターンから相手フォロワーまたはリーダーに攻撃できる。

・ゲーム終了:攻撃を繰り返し相手のリーダーの体力を0以下まで減らせば勝利、減らされたら敗北、またはデッキからカードを引けなくなった側の敗北となる。

となっておりシャドウバースの見所の1つであるフォロワーの進化システム後攻ではゲーム中に3回で4ターン目から先攻ではゲーム中2回で5ターン目から進化ポイント(EP)を消費して場に出したフォロワーカードを進化させることで場に出したターンに攻撃や進化時能力の発揮などをすることができます。

基本的にターン制のカードゲームは先攻側が有利になることが多いので、後攻側とのバランスを取る為の進化システムはシャドウバースの見所の1つと言えますね。

まとめ

今回は「シャドウバース」についてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか?

今回は本当に軽くゲームの基本的な内容をご紹介しただけですので、これから始めてみようかなという方に少しでも興味を持って頂ければ幸いです。

一応私はアンリミテッド・ローテーション共にマスターランクになっているので、未プレイのにわか発言では無いと思って見て頂ければと思います(他のゲームもたくさんやっているのでローテメインでランクマは走っていませんが)

これから初心者向け上級者向けの記事も書いていきたいと思っておりますので、ぜひ興味を持たれた方はゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする