オーバーウォッチ「ソンブラ」性能や立ち回り方解説

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「ソンブラ」の性能や立ち回り方をご紹介していきたいと思います。

ソンブラは「オムニック・クライシス」の戦災孤児でしたが、持って生まれたハッキングとコンピューターのスキルを活かしてメキシコのギャングに所属。

とある世界規模の陰謀を発見してしまったが故にギャングを潰され本人も存在を抹消し潜伏、現在は「タロン」のバックアップを受けながら陰謀を暴く為に活動しているという背景があります。

性能的にはヘルス200の標準的なダメージロールとなっていますがソンブラの特徴はステルス状態での高速移動が出来るという所ですね、アビリティでの瞬間移動も可能と全ヒーローの中でも生存力はかなり高い方だと言えるでしょう。

しかしソンブラは攻撃に使えるアビリティが無いので味方との連携が前提になり、他のヒーローとは全く違った立ち回りになるので正直かなり難しいヒーローとなっています。

全マップの構造・全ヒーローの性能知識を頭に入れていなければ十全に活躍出来ず、常に戦況の見極めが必要な点からボイスチャット必須キャラとまで言われるぐらいですからね。

単純に考えてソンブラが敵陣にステルスで移動している間は5対6の構図になるので、他の味方が不利だという事は覚えておきたい所でしょう。

しかし敵のタンクを無力化したり気付かれずにサポートを裏取りで倒したりマップのライフ・パックを敵だけ使えなくしたりという、ソンブラにしか出来ない芸当はやはり魅力的なので練習はしておいて損は無いヒーローだと思いますね。

今回はソンブラを使用する上で各アビリティの有用な使い方やおすすめの立ち回りなどを中心に解説していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソンブラのアビリティ解説

「オポチュニスト」

攻撃を当てていない状態でも体力99%以下の敵ヘルスバーを表示し、50%以下ならそれに加えて壁越しでも敵の位置が赤く表示されるというパッシブアビリティ。

ダメージロールの中でも火力が出し辛いソンブラにはありがたく、的確に体力が減っている相手を選んで仕掛ける事が可能なアビリティとなっています。

ボイスチャットをしていれば味方にもその情報を共有する事が出来るので、している場合は積極的に報告するようにしましょう。

そうする事によって火力が低い味方サポートロール等も確実にキル貢献が出来、ソンブラも他の仕事に専念する事が可能なのでおすすめですね。

「マシンピストル」

近距離から拡散するサブマシンガンのようなソンブラのメイン射撃。

ヘッドショット可能な上に弾数が60と多く15m以内なら1発8ダメージなのでヘッドショットを狙わなくとも密着状態からの全弾命中なら理論値480ダメージという脅威の威力となっていますね。

しかし前述でもソンブラは火力が出し辛いと言った通り実際には適正距離でも弾の拡散が大きく思ったようにヒットしない事が殆どです。

本当に密着して相手が動かないならばそれぐらいのダメージが期待出来ますが実戦でそういった事はまず無いと思いますので、素直にパッシブで目視した弱っている敵を狙うようにしましょう。

「ハック」

ソンブラの強みその1。

ボタン長押しで15m範囲内の射線が通っている敵やマップのライフ・パックをハッキング状態にするアビリティ。

敵をハックした場合その相手は5秒間「アビリティ・アルティメット・一部パッシブアビリティ使用不可」になるという破格の妨害効果を付与する事が可能なソンブラの代表格アビリティですね。

アビリティをメインに戦うヒーローは立ち回りに影響が出ますし、サポートのゼニヤッタやルシオに関しては回復自体が出来なくなるという事態になってしまいます。

それに加えてアルティメット発動モーション中にハックを受けた相手はアルティメットが中断されるだけでなく、ゲージも使用した判定で0に戻ってしまう大損害を受けるという1アビリティにあるまじき性能と言えるでしょう。

他のアルティメットを中断させられるアビリティと比べて相手に見られていない死角から妨害出来るという点で非常に成功させやすいというのもソンブラの強みになります。

しかしハック中に攻撃を受けたり射線が切れたりするとハックが中断させられるので、閉所や高低差がある場所などでは注意しておきたい所ですね。

マップに配置されているライフ・パックをハックした場合、1分間再使用までの時間が1/4に短縮される上に敵チームは使用不可・味方はハックされているライフ・パックを壁越しでも視認出来るという効果を付与出来ます。

小パック(75回復)は10秒→2.5秒・大パック(250回復)は15秒→3.75秒と、再使用時間が大幅に短縮されるだけでも有用ですが何より敵チームが使用出来なくなる点が強いですね。

フランカーなどの味方回復が届かない位置で立ち回るヒーローはライフ・パックを取りに行く事が多いので、大パックをハックされているだけで攻撃頻度を下げられ事故率が上がってしまいます。

逆に味方フランカーがよく使う場所のライフ・パックをハックしておくとフランカー・サポート共に余裕が出来るのでおすすめですね、しかし味方全員が回復をライフ・パックに頼り過ぎるとサポートのアルティメットチャージが遅くなるという事には注意しておきましょう。

「光学迷彩」

ソンブラの強みその2。

使用すると半透明化を挟んでから完全透明化状態になり移動速度が60%上昇、敵チームからはソンブラの姿が見えず足音も聞こえなくなるというアビリティ。

現在のこのアビリティは時間経過で解除される事は無く、自身で解除するか被弾するまでの間は完全なステルスモードとして移動する事が可能という強力な移動アビリティになりました。

不可視高速移動による裏・高所取りから後衛のサポートやスナイパー狩りなど汎用性は高く、相手からするとどこから来るか分からないソンブラを常時警戒しなければならないと与えるプレッシャーも相当でしょう。

注意点としては攻撃やハックを使用するとステルス解除音とボイスが発生し、行動に移るまでに若干のラグが生じます。

狙った相手がヘッドホンなどでしっかり音を聞いている人だと対処がかなり早く、ハックを攻撃で中断させられたり下手をすると返り討ちに遭ったりするので気を付けておきましょう。

交戦以外でも敵の半径2m以内に近付いた時やハンゾーの鳴響矢水・ウィドウメイカーのアルティメット中などではステルス状態でも見つかってしまう場合があります。

敵に視認されている場合は画面に「DETECTED」という表示が出るのでそうなった場合は素直に逃げるのが安定でしょう。

「トランスロケーター」

ソンブラの強みその3。

使用すると山なりにビーコンを投擲し、ビーコンがアクティブの状態でもう一度使用するとビーコンの位置に瞬間移動するアビリティ。

かなりの長距離でも瞬間移動可能で「逃走・高所取り・自身のアルティメット補助」と非常に汎用性が高いソンブラの生存力にも影響している優秀な移動アビリティですね。

攻撃やハックと違いこのビーコンを使用する際はステルス状態が解除されないので、基本的には高所への移動に使い仕掛ける前に逃げられるポイントを作っておくという使い方になるでしょう。

このビーコンは設置した後インタラクトキーで解除する事も可能なので、設置場所を変えたい時などにはわざわざ使用しなくても大丈夫という点が嬉しいですね。

注意点としてこのビーコンは敵味方問わず他のプレイヤーからも見えています、現在ではビーコンは敵の攻撃で破壊されてしまう仕様になったので敵に見つかりやすい場所には設置しないように気を付けましょう。

奇襲をした後に瞬間移動で逃げようとして敵の目の前にロケーターを投げて焦るのはソンブラ初心者あるあるですからね。

仕掛ける前にはしっかりロケーターがアクティブになっているのを確認してから行動するクセを付けておきましょう。

「EMP」

アルティメットアビリティのEMPはソンブラを中心に電磁エネルギーを放射し15m範囲内の射線が通っている相手を5秒間ハッキング状態にし、バリアシールド・アーマーを無効化するというアビリティ。

支援型のアルティメットですが効果は凶悪で、相手が密集している状態ならチームキルも狙える破格の強アルティメットとなっています。

複数人をハッキング状態に出来るだけでも強いですが何よりバリア・アーマーの無効化が強力ですね。

すでに設置されているバリアを瞬時に破壊する上に相手はハッキング状態になっているので新しくバリアを展開する事も不可能になります。

更にアーマーの無効化はアーマーを持つヒーローの最大ヘルスバーを減少させるという事になるので、例えばヘルス50・アーマー150のゼニヤッタがEMPを受けると最大ヘルスが50になってしまうという訳ですね。

上手く決まれば強力なアルティメットですがソンブラを使用する上では戦況の見極めも含めて最も難しいポイントと言えるでしょう。

上記でも触れましたがステルス状態を解除する際には一定のラグがある事に加え、当然敵にソンブラがいる事がわかっている相手(特にダメージロール)は射線を切れる位置に陣取る事が多いです。

EMPを使用した後はタンクも含めて攻撃に集中してしまいがちになり、EMPを回避していた敵ダメージのアルティメットで逆に壊滅させられるという事態が起こる可能性もあるので気をつけておきましょう。

ソンブラの立ち回り解説

ソンブラの立ち回りは基本的にどのマップでもステルス状態でライフ・パックをハックしながら敵の背後や高所に陣取り、タンクのハックやサポートを奇襲して逃げるの繰り返しになりますね。

相手タンクをハックするだけで味方の攻撃が通り放題になるので、メインタンクであるラインハルト・オリーサ・シグマなどがいる場合は奇襲よりハックを優先しましょう。

敵にフランカーがいる場合だと味方サポートを守る事も踏まえてハックを狙っていきたいですね、全ヒーローの中でも特にフランカーは立ち回りをアビリティに依存しているので簡単に無力化する事が可能です。

上記でも触れたソンブラの扱いが難しい点として全ヒーローの性能を頭に入れておく必要があるのは、ハックが有効なヒーローとあまり効果が無いヒーローがいるという点ですね。

フランカーやタンクには大抵有効ですが素の射撃が強いヒーローなどはソンブラとのタイマンでハックした状態でも普通に撃ち負ける事が多々あると思います。

重要なのは乱戦時などで目の前にいる相手がハックしてから戦った方が良いのか、そうでないのかを瞬時に判断しないとソンブラの火力では押し負ける可能性が高いという事でしょう。

正直ソンブラは正面切って戦う性能のヒーローでは無いのでそこまで気にする必要は無いと思うかもしれませんが、どのマップでもエリアの競り合いがある以上最低限エリア内で立ち回れる経験は積んでおいた方が良いと思いますね。

知っておきたい知識としてステルス状態ではエリアの占拠や防衛は出来ず、ペイロードの押し引きにも関われないという仕様なので覚えておきましょう。

まとめ

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「ソンブラ」の解説をさせて頂きましたがいかがだったでしょうか?

ソンブラはステルスでの高速移動が出来るので使用していて楽しいとは思いますが、扱いが難しいヒーローの1人という事は注意しておきたいですね。

ソンブラで活躍したいならボイスチャットを使用するのが一番ですが見知らぬ人とチャットするのに抵抗がある人は多いと思いますので、無理にとは言いませんが最低限アルティメットのチャージ状況ぐらいは報告しておきましょう。

この記事がソンブラを使用する際に少しでも参考になれば嬉しく思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする