オーバーウォッチ「トレーサー」性能や立ち回り方解説

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「トレーサー」の性能や立ち回り方をご紹介していきたいと思います。

トレーサーはオーバーウォッチの看板キャラクターであり、公式の動画にも頻繁に登場している主人公格ヒーロー。

自らの時間を操るという能力を平和の為に使用し、オーバーウォッチが解散した後も人々を守る為に戦っている根っからのヒーローと言えますね。

性能的にはヘルス150と現状全ヒーロー中で最低値の体力となっていますがそれを補って余りある当たり判定の狭さ・強力な移動アビリティを持っており、「リコール」で擬似的な回復も可能なので数値以上に生存力は高いダメージロールとなっています。

トレーサーの性能を一言で表すなら「高火力紙耐久」ですね、使い始めの内はすぐに倒されてしまう事が多いと思いますが扱いに慣れてくると被弾せずに相手を倒し続ける事も可能になるでしょう。

しかしトレーサーはダメージロールの中でもゲンジと並んで全ヒーロー中でも1.2を争う程扱いが難しいヒーローで、状況判断力やアビリティ管理などが特に重要な上級者向けヒーローと言われています。

相手を倒し切れなく被弾したとしてもゲンジのように壁登りなどで射線を切れない事からライフパックの位置や逃走ルートの把握も重要になってきますね。

今回はトレーサーを使用する上での立ち回りやアビリティの注意点などを中心に解説していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

トレーサーのアビリティ解説

「パルス・ピストル」

正面に40発の弾を約1秒間で撃ち尽くすというピストルというよりはサブマシンガンのようなトレーサーのメイン射撃。

非常に瞬間火力が高く1マガジンで全弾命中させれば1秒間で200を超えるダメージを叩き出すのに加えヘッドショット判定もあるという破格のメインウェポンと言えますね。

適正距離は10m以内となっていますが撃ち始めから大きく弾が拡散するので相当近距離でないと全弾命中は狙えないでしょう、距離減衰もかかると大したダメージにならないので基本的には相手に近付いて撃つ形になります。

このメイン射撃は約1秒間で全弾撃ち尽くすという都合上撃つ度にリロードが挟まるという弱点もあり、相手に見られている場合は倒し切れないとヘルスの低さもあって撃ち負けてしまう事が多いでしょう。

ヘルスが200を超えている相手と戦う時はアビリティを使ったのを見てからかリロード中、被弾して弱っている時を狙っていくのが無難ですね。

「ブリンク」

トレーサーの強みその1。

固有ゲージの回数分だけ指定した方向に瞬間移動する事が出来るトレーサーの象徴のような移動アビリティ。

この瞬間移動はムービーなどでも頻繁に使用されているものですね、大体あのような感じですがゲームの仕様では上方向への移動は出来ないので注意しておきましょう。

使用用途としては「マッチ開始時や復帰時の高速移動・逃走や追い討ち・奈落を飛び越えてのショートカットや裏取り・乱戦時の撹乱」など移動アビリティとしては非常に使い勝手の良いものになっていますね。

固有ゲージは3本あり使用済みであれば3秒毎に1回分がチャージされ最大3回分までストックする事が出来ます、基本は2回分を攻撃や逃走に使用し緊急離脱用として1回分は残しておくというのが無難な使い方になるでしょう。

このアビリティの存在からトレーサーはタイマンに強く、空を飛んでいるファラやエコー以外の大抵のヒーローに有利な状況で勝負する事が出来ます。

ヘルスが高い・近距離に強い相手にはヒット&アウェイで攻め、遠距離が得意な相手には逃げられてもブリンクで距離を詰めて追い討ちといった形が理想になりますね。

トレーサーの強さはこのアビリティを使い慣れているかどうかで大きく変わってきます、最低でもブリンク1回分の移動距離を把握しておく事や残りの使用回数に気を配るという事は意識しておきましょう。

「リコール」

トレーサーの強みその2。

使用すると自身が3秒前の状態に戻り武器のリロードが完了するというアビリティ。

簡単に言うと位置・ヘルスが3秒前の自身の時間まで巻き戻され、リーパーのレイスフォームのように武器の残弾数が回復するという性能になっています。

3秒前の自身が無傷なら擬似的な回復手段として使用出来るトレーサーの生存力に直結しているアビリティと言えるでしょう。

基本的には交戦時に被弾したり大ダメージを受けた場合の回復・位置のリセットに使用し、倒し切れそうなら追撃・無理そうなら逃走と状況を見て立ち回るのがベターですね。

強力なアビリティ故にクールタイムが12秒と長いので、ダメージを受けていないのに誤操作で発動するといった事が無いように気を付けたい所です。

「パルス・ボム」

アルティメットアビリティのパルス・ボムは粘着式の小型爆弾を投擲し、3m以内の対象に爆発ダメージを与えるというアビリティ。

最大ダメージは350となっておりタンク以外のヒーローを一撃で倒せる威力に加え、爆発までに1秒と回避され辛いという強みがあるアルティメットですね。

相手が密集している場合は複数人のキルも狙えるので誰に投げるかは相手の位置取りを見て判断しましょう、しかし無敵技やバリアには防がれてしまうのでそういったヒーローがいる場合はアビリティを使ったのを見てから使用したい所です。

投擲距離は短いので一度練習場などでどのくらい投げられるかは確認しておくのが良いでしょう。

注意点としてパルス・ボムの爆風は味方には当たりませんがトレーサー自身には当たります、投げた後は爆発に巻き込まれないようにブリンクかリコールで逃げるのがおすすめになりますね。

トレーサーの立ち回り解説

トレーサーの立ち回りは基本的にどのマップでも相手に気付かれない位置からの奇襲で敵陣を撹乱し、相手のサポートや遠距離射撃ヒーローを倒して逃げるというのが重要になります。

トレーサーは味方サポートの回復が届かない所での立ち回りが多いのでライフパックの位置は覚えておきたい所ですね、逃走する際にライフパックのある場所に逃げ込めるかはトレーサーを使用して継戦する上でとても大事な事だと言えるでしょう。

他の裏取りヒーローと同じく弱っている相手を狙っていくのがベターですが、トレーサーは特に相手の動きを止められるヒーローには注意しなければなりません、

いくら当たり判定が狭いと言ってもヘルスが150しかないので動いている時ならともかく動きを止められるとあっさり倒されてしまう事が多いですからね、特にジャンクラットのトラップやタレット類は事故死に直結しやすいので相性が悪いと言えるでしょう。

トレーサーをピックしていると裏取りを非常に警戒され襲って来そうな位置に射撃を撒かれる事が結構あります、流れ弾に運悪く当たってしまうと威力によっては即致命傷になってしまい仕事が出来なくなるのでワンパターンな攻めにならないように気を付けたいですね。

ゲンジと同じくタレット持ちがいるなら先にタレットを処理してからタレットが設置出来るヒーローを優先して狙って行きましょう、機動力で撹乱するヒーロー全般に言えますがオートエイムであるタレットは天敵なのでバリア持ちがいるならば足並みを揃えて進むのも良い立ち回りだと言えます。

トレーサーは素の火力が高いのでバリアの裏側からプレッシャーを与え乱戦状態になったらブリンク・リコールで撹乱し味方の攻撃を通しやすくするというのも良いでしょう、しかし本領は奇襲にあるので長い間姿を見られている状態にはならないように注意しておきたいですね。

まとめ

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「トレーサー」の解説をさせて頂きましたがいかがだったでしょうか?

トレーサーもゲンジなどと同じく慣れるまでは強さを実感し辛いヒーローだと思います、しかし上級者でも事故る時は事故るのでデス数が気にならない人でないと使っていくのは難しいでしょう。

トレーサーとゲンジは操作が難しいのとは別に画面が大きく揺れるので酔いやすいという、人によってはどうにもならない問題もあります。

もし操作中に気分が悪くなった場合はエイム感度を下げるかしばらく時間を置いてプレイするようにしたい所ですね。

この記事がトレーサーを使用する際に少しでも参考になれば嬉しく思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする