オーバーウォッチ「ハンゾー」性能や立ち回り方解説

Sponsored Links

こんにちは、minato76です。

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「ハンゾー」の性能や立ち回り方をご紹介していきたいと思います。

ハンゾーは暗殺者集団「シマダ一族」頭領の息子で、同じダメージロールである「ゲンジ」の兄というキャラクター。

一族の跡継ぎとして共に暗殺者になる事を拒んだゲンジを手にかけてしまい、その自責と後悔の念から一族を抜けて旅をしているという悲しい背景があります。

性能的にはヘルス200の標準的なダメージロールとなっており前の記事でご紹介した「ウィドウメイカー」と同じスナイパーキャラとなっていて、ハンゾーはスコープ射撃は出来ませんが弓を使っての範囲サーチや近距離でも即座にダメージを出せる連射などのアビリティが特徴になりますね。

弓を引き絞るというチャージ時間があるのはウィドウメイカーと同じですが弓は銃撃と違って山なりに飛ぶので偏差撃ちの技術が必要になります、慣れない内は全ヒーローの中でも射撃を狙って当てるのが難しい部類だと言えるでしょう。

ハンゾーはスナイパー性能特化という訳ではないのでウィドウメイカーより1発の火力は低いですが、ヘッドショットでタンクとバスティオン以外のヒーローを一撃で倒せる上に視野が広いので近付かれても対処しやすいというのが強みになりますね。

今回はハンゾーを使用する上でおすすめの射撃方法や各アビリティの有用な使い方などを中心に解説していきますのでご参考にして頂ければと思います!

Sponsored Links
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ハンゾーのアビリティ解説

「嵐ノ弓」

ボタンを押し続けて弓を引いた時間で飛距離と威力が変わり、山なりに飛ぶ単発撃ちであるハンゾーのメイン射撃。

ウィドウメイカーのメインと違って%表示ではなく目算でのチャージになりますが、分かりやすいモーションなので細かく覚えなくてはならないという訳ではありません。

フルチャージでの威力は1発125ダメージ(ヘッドショットで250ダメージ)となっており、ヘルスが300あるバスティオンやタンクロール以外のヒーローは一撃で倒せるという破格のメインウェポンと言えるでしょう。

しかしハンゾーの射撃は前述の通り直線ではなく山なりに飛ぶので遠距離の場合、照準を相手の頭に向けて撃ったとしても体に当たる事が多いです。

ヘッドショットを意識するなら狙うヒーローの体格や距離にもよりますがやや頭の上を狙うとヘッドショット判定になりやすいです、あらかじめ練習場などで主に遠距離での距離による高さの調節を練習しておくのがおすすめですね。

「鳴響矢水」

ハンゾーの強みその1。

ソナー付きの矢を装填しメイン射撃を当てた場所の周囲の敵の位置が10秒間見えるようになり、味方全員にも視覚を共有出来るというアビリティ。

ウィドウメイカーのアルティメットの簡易版とも言える性能をしており、壁裏の敵や裏取り・出待ちの探知が可能でステルス状態のソンブラも効果範囲内なら見つける事が出来ます。

このアビリティが敵に当たった場合はその敵に刺さった状態で探知が働き、当たった相手が移動すると探知範囲もその敵に合わせて動く事になるので常に行動を監視する事も可能という強力なアビリティと言えますね。

「電光石火」

ハンゾーの強みその2。

チャージの必要がない1発70ダメージの矢を制限時間内に最大5発まで放つ事が出来るというアビリティ。

スナイパーであるハンゾーが近距離でも戦う事が可能な理由となっていて、チャージ不要な上に連射速度も中々で全弾当てると350ダメージ(ヘッドショットなら理論値700ダメージ)と破格の火力を持つアビリティとなっていますね。

ヘッドショットは流石にオーバーキルなので無理に狙う必要はありません、発動中は派手なエフェクトがかかるので慣れない内は制限時間の事もあり中々当て辛いと思います。

このアビリティは遠距離でも普通に使えますが相手に近距離ヒーローがいる場合、近付かれた時の交戦手段として温存しておくのも重要になるでしょう。

余談ですが2019年8月のアップデート以前は最大6発となっていてヘルス400台のサブタンクですら倒し切れるという凶悪な性能のアビリティでした。

さらに2018年5月以前は「矢散五裂」という別のアビリティになっていてハンゾーの短編アニメでも使われている着弾点から拡散・跳弾する矢を放つというアビリティでした、流石に射線が通り辛い室内や閉所でも強いスナイパーというのはウィドウメイカーの上位互換となってしまうのでアビリティ変更という措置になった経緯があります。

運営がユーザーの意見を取り入れつつ今で言うエクスペリメンタルのような細かい調整を頻繁に行っているというのもオーバーウォッチの魅力の一つと言えますね。

「壁登り・体術」

壁登りは文字通り壁や障害物に向かってジャンプボタンを長押しすると壁を登れるというクールタイム無しのパッシブアビリティ。

体術はジャンプ中にもう一度ジャンプボタンを押すと水平に約8m程飛べるというクールタイム有り(5秒)のアビリティ。

スナイパーであるハンゾーが高所などの移動に使用するアビリティで、この2つを併用する事により大抵の場所には陣取れるようになっています。

相手に近付かれた際の逃走や位置調節にも使え、細かい距離ならスナイパーとは思えない機動力がある性能と言えるでしょう。

しかしウィドウメイカーのフックよりは登れる場所が限られてしまうのでスナイパー対決となった場合はマップにもよりますが大抵上を取られてしまいます、練習場などで下から上への射撃を練習しておくと一方的に撃たれるという事がないのでおすすめになりますね。

「龍撃波」

アルティメットアビリティの龍撃波は自身の正面に壁や障害物・バリアなどを貫通し、秒間200の継続ダメージを与えながら飛んでいく龍を召喚するというアビリティ。

リーパーのデス・ブロッサムのような範囲継続ダメージ型アルティメットで、龍撃波はリスポーン地点から撃っても前線に届くという持続が長い直線の範囲に優れた性能となっています。

主にエスコートなどの直線が多いマップに強いアルティメットですが貫通効果がある上に効果範囲が広いので、相手のリスポーン地点付近に撃って復帰を遅らせるといった使い方も可能ですね。

弱点として使用する際にハンゾーが小ジャンプして詠唱するという約1.5秒かかるモーションがあります、ルシオのサウンド・バリア使用時の跳躍のように詠唱中に倒されると不発となってしまうので滅多に無い事ですが覚えておいた方が良いでしょう。

あと龍撃波は飛ぶ速度がゆっくりなので正面から撃っても簡単に回避されてしまう事が多いです、味方タンクにラインハルトかザリアがいればアルティメットを重ねてチームキルを狙う事が可能なので単体で撃つよりは合わせて使用したい所ですね。

ハンゾーの立ち回り解説

ハンゾーの立ち回りは基本的に高台などの狙撃場所に移動し、バリアからはみ出ている敵後衛や孤立している敵などを狙ってキルしていく事が重要になります。

ウィドウメイカーとの違いとしてハンゾーは壁登り・体術を駆使して常にポジションを移動しながら狙撃をするのが有用な戦法になるでしょう。

相手に高所に登れるヒーローがいた場合でも機動力の高さを生かして逃げながら攻撃が出来るのはハンゾーの強みと言えるので、アビリティで行ける場所・行けない場所をしっかり把握しておきたい所ですね。

例外としてゲンジだけはハンゾーと同様の壁登り・二段ジャンプなどで逃げても追いついて来ます、襲われ続ける場合は味方の元に合流するかピックを変更する事も考慮するようにしましょう。

ハンゾーを使用するなら直線が多いエスコートが安定ですが味方タンクにラインハルト・ザリアが選ばれているなら他のマップでも活躍の機会が増えるのでおすすめになります。

ラインハルト・ザリアのアルティメットは拘束系なのであらゆる攻撃型アルティメットと相性が良く、特にハンゾーの龍撃波はチームキルも狙える鉄板コンボと言えるでしょう。

そのような場合は味方にアルティメットのチャージ状況を逐次報告しておきましょう、単発で使うより味方とのコンボを狙うというのもチーム戦であるオーバーウォッチの楽しいポイントですからね。

まとめ

今回はオーバーウォッチのダメージロールヒーロー「ハンゾー」の解説をさせて頂きましたがいかがだったでしょうか?

ハンゾーはスナイパーキャラなのに機動力が高く近距離でも戦えるという、性能だけで見ればかなりの強キャラに見えますがメイン射撃を狙って当てるのが本当に難しいヒーローです。

正直エイム技術が必要なヒーローの中でも1.2を争うぐらい難しいと個人的には思いますね、真っ直ぐ飛ばないので偏差撃ちの技術も必要になりますし上級者向けと言えるヒーローの一人でしょう。

しかし当てられるのならば強い事に変わりはないので練習のし甲斐があるヒーローですね、他の射撃ヒーローとは一風変わった使用感なので一度はピックしてみて欲しい所です。

この記事がハンゾーを使用する際に少しでも参考になれば嬉しく思います!

Sponsored Links

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする